airasaty01

イオン姶良店、2月14日閉店-イオンタウンに3月移転

鹿児島県姶良市のショッピングセンター「イオン姶良ショッピングセンター」(旧・姶良サティ)が店舗移転のため2月14日で閉店する。
aeonaira
イオン姶良ショッピングセンター。

旧・姶良サティ、28年の歴史に幕

イオン姶良ショッピングセンターは、1988年11月に加治木町のスーパー「ヱビスヤ」と「ニチイ」(後のマイカル)が共同開発したショッピングセンター「サンシティリブレ」(sun city libre)を前身とする。
3階建で、売場面積は約16,000㎡。同地方では数少ない郊外型ショッピングセンターであり、大いに賑わったという。

1994年には支店として「国分隼人サティ」(現:イオン国分隼人店、霧島市)を出店し、その後、サンシティリブレも「姶良サティ」に改名。
2000年のマイカルグループの経営破綻とイオングループ入りを経て、2011年に「イオン姶良ショッピングセンター」に改名していた。
(ヱビスヤ加治木本店は現在も営業中)airasaty01
旧・姶良サティ。

「イオンタウン姶良」の核として移転-3月10日に1期開業

今回の閉店は、店舗の移転に伴うもの。
 隣接地では「イオンタウン姶良」の建設が進んでおり、イオンタウンのうち半分は3月10日に開業予定。イオン姶良店はイオンタウンの核店舗として出店する。なお、この土地は元々「ラララグループ」(寿屋、熊本市)が出店表明していた土地だった。
現在のイオン姶良店は解体され、跡地にもイオンタウン姶良の建物が増築される予定。
aeontown_aira_pers_pr_150514
イオンタウン姶良(イオンタウンウェブサイトより引用)。

「イオンタウン姶良」は、全面開業時には現イオン姶良店の約3倍の売場面積45,000㎡となり、鹿児島県内でも有数の規模のショッピングセンターとなる。1期開業部分の112のテナントのうち「バーガーキング」など27店舗が鹿児島県初出店となる予定。
イオンタウン姶良は2017年春ごろの全面開業を目指しており、全面開業時には4Dシアターを備えたシネマコンプレックスも併設される。

外部リンク:イオン姶良店
外部リンク:イオンタウン姶良(未開設)

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【Lucky Xmasキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル