エディオンなんば本店、2019年初夏開店-同社最大の都市型旗艦店、精華小学校跡地に

大阪府大阪市中央区難波の南海なんば駅前、旧・精華小学校跡地に大型家電量販店「エディオンなんば本店」が2019年初夏に開店する。

エディオンなんば本店。(2018年10月)

1995年に閉校した精華小学校再開発、ようやく完了へ

大阪市立精華小学校は1873年に開校。1929年竣工の校舎は高い建築的価値があったとされ、1995年に近隣小学校との統廃合に伴い閉校したのちも、2011年3月まで校舎を「大阪市精華生涯学習ルーム」、体育館を公立劇場「精華小劇場」として運営を続けていた。
当初は、2013年に大阪市から小学校跡地を取得したアデランス創業者の資産管理会社「成信」により、ホテルを核とする複合商業施設が計画されていたが、エディオンの出店が決定する2017年まで更地の状態が続いていた。

建物の一部には精華小学校を意識したデザインが施される。

エディオン最大級の「都市型旗艦店」

エディオンなんば本店の建物は地上9階地下1階建で、売場面積は約15,735㎡。
同社は2016年3月に同社初となる免税専門店「エディオンユニバーサル・シティウォーク大阪店」を出店して以降、訪日外国人観光客のインバウンド需要に対応した500㎡前後の“特化型”店舗を難波・心斎橋エリアや近鉄百貨店内に多数出店している。
edion_dotonbori1
爱电王(愛電王)道頓堀店。

ヘテムル

一方で、新店舗「エディオンなんば本店」は2018年現在同社最大の都市型店舗である「エディオン広島本店」(現在の売場面積約15,510㎡)を上回る規模であり、訪日外国人観光客のみならず地元客はもちろん、幅広い客層が楽しめる「エディオンの旗艦店」になるとみられる。

関連記事:ヨドバシ梅田タワー、2020年春全面開業-高層階に阪急阪神ホテルズ進出
関連記事:南海難波駅、高島屋・マルイ間に”駅前広場”、2019年開設
関連記事:大阪・新歌舞伎座跡に「ホテルロイヤルクラシック」、2019年開業-新歌舞伎座の外観復元へ

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【平成ラストWinterキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加