丸井、2018年春から「テニプリ」と提携-「女性向けアニメコラボ」強化するエポスカード

ファッションビルを展開する丸井(中野区)は、2018年春より漫画・アニメ「新テニスの王子様」(テニプリ)とコラボレーションすることを発表した。

マルイ×テニプリのキービジュアル(ニュースリリースより)。

「テニヌ」との提携は丸井初-提携カードも発行

これまでも数々の漫画やアニメとコラボしている丸井だが、テニプリとの提携は初めて。
テニプリと提携した特別デザイン(3種類)の丸井グループのクレジットカード「エポスカード」を発行するほか、3月からは「新宿マルイ アネックス」「京都マルイ」「博多マルイ」、そしてネット店舗「マルイウェブチャネル」で期間限定イベントショップを展開。
イベント用に描き下しイラストを使用したグッズの販売や、等身大スタンディフォトスポットの設置、エポスカード会員限定の抽選会など、さまざまな企画を予定しているという。

提携エポスカードを発行(ニュースリリースより)。

カードの申し込みは、マルイ・モディ店頭では3月20日(火)から、エポスカードのホームページからは、4月3日(火)からとなる。
コラボレーションイベントの日程は以下の通りだが、期間が延長されることやマルイ・モディ他店での展開も考えられる。

  • 新宿マルイアネックス:3月29日(木)~4月17日(火)
  • 京都マルイ:3月29日(木)~4月10日(火)  
  • 博多マルイ:4月6日(金)~4月22日(日)    
  • マルイウェブチャネル :3月29日(木)~6月30日(土)

「サブカルコラボ」で人気の丸井、アパレル中心から「多様化」

丸井は1931年に創業。1960年には日本初のクレジットカード(エポスカードの前身)を発行したことでも知られる。
かつては「赤いカード」の名で長年に亘ってクレジットカード事業を百貨店業とともに収益の柱としてきた丸井だが、百貨店事業は郊外店との競争に加えて消費者志向の変化で利益率が低下。一方、クレジットカード事業は利益率が高いものの、カード業界も多くのカードが乱立するなか競争は激しさを増している。
そこで丸井が取り組んでいるのが「サブカルコラボ」だ。
とくに近年は「ラブライブ!」「カールズ&パンツァー」「ご注文はうさぎですか?」など数々の人気アニメとコラボすることで話題を呼んでおり、そうした取り組みは新たな顧客の獲得に繋がっている。売場でも、アパレル比率を低下させるとともに、サブカル系ショップや書店・CD店の導入も進めており、今や丸井といえば「アニメコラボ」や「アイドルイベント」を連想する人も少なくない。
gochiusa1「ごちうさ」コラボは多くの客を集め、会期延長となった。
シャロちゃんが一番かわいい(個人的見解)。

丸井各店では、3月中も「メルヘンメドヘン」(渋谷マルイ)、「文豪ストレイドッグス」(マルイシティ横浜)、「学園ベビーシッターズ」(京都マルイ)、「エロマンガ先生」(博多マルイ)などとのコラボイベントを開催する予定となっている。

「エポスカード提携アニメ」は「オトメイト」など女性向け中心

コラボする漫画やアニメ、ゲームは男性向け・女性向けを問わない丸井だが、一方で「エポスカード」との提携は女性向けアニメが中心だ。
丸井グループでは、現在テニプリ以外に「オトメイト」「銀魂」などのコラボカードも発行中。アパレル比率が下がったといえども、丸井の本業である小売業は「女性向け」が主であり、カードを持ったついでにショッピングでも丸井を訪れて欲しいという思いが見て取れる。

外部リンク:「新テニスの王子様エポスカード」の発行をスタートマルイ店舗でのイベントも開催
外部リンク:マルイノアニメ
関連記事:渋谷マルイで「ご注文はOIOIですか??」開催-サブカル系コンテンツに注力する丸井

関連記事:丸井錦糸町店に有料の休憩スペース「コインスペース」、2月28日開設
関連記事:アニメイト、秋葉原に”女性向け”大型旗艦店-2016年7月開店

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品券を当てよう!
【秋トク!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加