kumamotoshintoshinplaza

鶴屋フーディワン森都心店、11月10日閉店-熊本駅前からスーパー消滅

JR熊本駅前の食品スーパー「鶴屋フーディワン森都心店」が11月10日に閉店する。
kumamotoshintoshinplaza-1024x768
鶴屋フーディワンが出店するくまもと森都心。

熊本駅前再開発の核テナント、開店4年で撤退へ

鶴屋フーディワンは熊本県唯一の百貨店「鶴屋百貨店」の子会社・鶴屋商事が運営する食品スーパー。
鶴屋フーディワン森都心店は2012年3月24日に熊本駅東A地区第二種市街地再開発事業によって誕生した「くまもと森都心」の核テナントとして開店。
美味しさ新世紀」を店舗コンセプトに掲げ、輸入食品やこだわりの商品を充実、百貨店系スーパーらしい高品質な売場づくりが特徴だった。
また、フーディワンカード会員向けに鶴屋百貨店本店の和・洋菓子を取り寄せできるサービスを実施、百貨店商品券や鶴屋友の会券も利用できた。

鶴屋百貨店。

鶴屋フーディワン森都心店は4月の熊本地震では一時休業したものの、4月19日に営業再開。同じく早期に部分的に営業を再開した鶴屋百貨店本店とともに市民生活を支えたが、賃貸借契約期間満了などにより開店から4年目で閉店することとなった。 

「商業不毛の地」熊本駅前、駅ビル開業が転機となるか

開業からわずか4年での撤退となってしまった鶴屋フーディワンだが、熊本駅は熊本市中心部から離れているため大型商業施設が存在しておらず、駅前で唯一のスーパーとなっていた。
熊本駅前ではこれまでも大型店が出店してもなかなか定着せず、かつて出店していた総合スーパー「ダイエー熊本駅前店」(1964年開業、旧ユニードダイエー)も1995年に閉店している。
一方で、今後は2020年ごろをめどにJR熊本駅ビルが開業することになっており、駅ビル完成後は熊本駅エリアの商業事情が劇的に変わる可能性もある。

期待高まるJR九州による熊本駅再開発(JR九州公式サイトより)

東口のタワーマンション開発や西口の住宅開発で駅周辺の人口が増えつつあるなか、熊本駅ビルの完成に期待が注がれている。

外部リンク:熊本のスーパーマーケット 鶴屋フーディワン|森都心店
外部リンク:鶴屋フーディワンくまもと森都心店閉店のお知らせ
外部リンク:お知らせとご注意|鶴屋百貨店
関連記事:イオンタウン西熊本、11月11日増床・リニューアルオープン

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【Lucky Xmasキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル