大丸心斎橋店北館(旧そごう本店)、屋上庭園を閉鎖

大丸心斎橋店本館閉店の影で、心斎橋の憩いの場がまた1つ消えた。
心斎橋が一望できる場所として親しまれた「大丸心斎橋店」(しんさいばしみせ)北館15階~16階の屋上庭園が閉鎖されてしまった。
shinsaibasisogo
大丸心斎橋店北館。

sinsaibasisogo3
閉鎖された屋上の入口。

大阪の街並みを一望できる人気の屋上庭園だった

大丸心斎橋店北館は2005年にそごう心斎橋本店としてオープン。
2009年11月からは大丸心斎橋店の北館となっていた。

屋上は2フロアに分かれた庭園となっており、ウッドデッキ部分にはテーブルや椅子が設置され、大阪の街並みを一望しながら休憩できるようになっていたほか、旧そごう本店外壁に設置されていた「飛躍の像」も設置されていた。
RIMG6062
ウッドデッキ。

sinsaibasisogo2
屋上に設置された「飛翔の像」。
  
RIMG6053-
北東側の展望(森ノ宮方面)。OBPや生駒山が見えた。

RIMG6060-
南側の展望(なんば方面)。通天閣も見える。

約10年間に亘ってそごう・大丸への買物客や観光客に広く親しまれた屋上庭園だったが、2016年1月8日に屋上から心斎橋商店街アーケードへの転落事故が発生。安全性の面から、15階・16階ともに全面閉鎖が決まったものと思われる。RIMG6049
北側には稲荷神社も設置されていた。

このような経緯での閉鎖はそごう千葉店の屋上も同様で、2011年の転落事故以降、屋上は閉鎖されたままとなっている。
大丸心斎橋店は、都商研の取材に対し「屋上庭園の営業再開は現時点では未定」としている。

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【夏を先取り!ゴールデンキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル