seidai2

エスパル仙台東館3月18日開店ー東急ハンズ、東北初店舗

JR仙台駅の新たな駅ビル「エスパル仙台東館」が3月18日にグランドオープンした。
拡幅された仙台駅東西自由通路と一体化しており、新たな仙台の顔として期待される。
sendaieki1-
仙台駅東口・エスパル仙台東館。

売場面積3万㎡、東北最大の駅ビルに

エスパル東館の延床面積は39,700㎡、店舗面積は10,300㎡で、エスパル本館・東館・Ⅱ館の3館を合わせた店舗面積は30,819㎡となる。東館は東西自由通路を挟んだ両側に構えており、南側と北側合わせて82ショップで構成される。
sendaieki3-1
フロア構成(仙台ターミナル株式会社プレスリリースより引用)

自由通路を挟んで3階・4階はデッキで移動可能。また、東館南側2階・3階は連絡通路により本館との行き来が可能となる。sendaieki2
開放感溢れる東西自由通路に跨るエスパル東館。

esuparu
エスパル東館の館内イメージ(JR東日本仙台支社サイトより引用)

東急ハンズ東北初進出に沸く

エスパル東館のオープンと同時に行われたエスパル本館2階・3階のリニューアルでは、東北初出店の34ショップなど合計115のショップが新規・改装オープンを遂げた。
中でも東館南側4階に構える東急ハンズの東北1号店には高い注目が集まり、オープン初日は活況を呈した。
また、東館北側には宮城・東北の土産もの屋などが集まる「伊達のこみち」や、レストランが集まる「杜のダイニング」があり、東北の玄関口としての魅力を強く印象付けるものとなっている。
sendaieki4
東北初進出の東急ハンズ。

再開発進む東口 隣接ホテルは2017年開業

エスパル東館と東西自由通路のオープンに沸く仙台駅東口エリアだが、今後も再開発は続く。
2017年には、ライブハウス「ZEPP SENDAI」跡地に大型ホテルが開業する予定で、ホテルは東西自由通路とも直結する。
さらに、2012年より東七番丁の通りを挟んだ向かい側に仮店舗として営業中のヨドバシカメラが東口横の旧店舗跡地に再移転し、複合商業ビルを建設するという計画もある。
sendaieki5-
仙台駅東口の大型ホテル建設地。

かつては西口の華々しさと比べて「駅裏」と言われていた東口も、相次ぐ再開発によって大きく発展し、今後もさらなる進化を遂げようとしている。

 外部リンク:エスパル仙台
プレスリリース:仙台ターミナル株式会社(PDF)
関連記事:エスパル仙台「東館」、2016年3月開店-東急ハンズが核

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【Lucky Xmasキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル