うすい百貨店福島営業所、2020年9月開店-MAXふくしまに

福島県福島市中心部の福島交通曽根田駅前にある複合商業施設「MAXふくしま」3階に、うすい百貨店(郡山市)のサテライト店舗「うすい百貨店福島営業所」が、2020年9月に開店する。

MAXふくしま。

百貨店が消える福島市、うすいの小型店が出店

MAXふくしまは2010年に「ダイユーエイト」と「福島市アクティブシニアセンター・アオウゼ(AOZ)」を核店舗として開業したショッピングセンター。もともとこの建物は山田百貨店の後継として1998年にダックビブレの百貨店「福島ビブレ」として開業したもので、同店は2002年に「さくら野百貨店福島店」と改名したのち2005年に閉店していた。
うすい百貨店は1662年に創業した郡山市の老舗百貨店で、福島営業所が出店するのはMAXふくしまの3階。8月現在、3階には屋内遊園地や飲食店、サービス店舗などが出店する。
うすいの出店は2020年8月31日にイオングループ・ダイエー傘下の百貨店「中合」が閉店し、福島市から百貨店が無くなることに合わせたものと考えられる。

うすいはかなり小型の店舗になるとみられる。取扱品目については8月2日時点では不明であるが、ギフト商品、学校制服などの販売をおこなうものと思われる。

うすい百貨店郡山本店。

百貨店が無い県庁所在地は全国的に少なく、福島市中心部にはギフト需要を満たすような大型店が少ないことから、売上によっては将来的に増床・取扱品目が増やされる可能性もあろう。
(追加情報があり次第、追記します)

関連記事:中合、2020年8月31日閉店-再開発で、会津店も7月閉店
関連記事:三春屋百貨店、2019年11月からやまきの運営に-中合、福島県内のみに
関連記事:ドン・キホーテ福島店、2020年4月23日開店-コマレオプラザ跡、いちい新業態「ロシナンテ」など出店するショッピングセンターに
関連記事:福島駅前通り商店街、全面リニューアルへ-アーケード撤去、2018年春完成予定

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加