マクドナルド熊本新市街店、4月19日全面再開へ-通称「角マック」、3月31日に一部営業再開

“角マック”の愛称で親しまれる熊本市中心部のファストフード店「マクドナルド熊本新市街店」が、熊本地震発生から1年を迎える4月19日に全面再開することになり、3月31日からは店舗の一部での営業を再開した。

再開したマクドナルド熊本新市街店。

熊本の繁華街を代表する待ち合せスポット復活

マクドナルド熊本新市街店は1980年に開業。
 熊本市では旧・大洋デパート1階に出店していたマクドナルドの九州1号店「マクドナルド熊本大洋店」(1975年開業)が人気を博していたものの、デパートの経営破綻を受け1979年に閉店しており、熊本大洋店の後継店として出店した経緯がある。マクドナルド熊本大洋店が出店していた建物(解体済み)。

新市街店は「サンロード新市街」、「下通新天街」、「シャワー通り」の3商店街が交差する角地に位置しているため、熊本市民から「角マック」と呼ばれており、500mほど離れた「マクドナルド熊本下通店」(通称:下マック)とともに、中心商店街のランドマーク的存在として親しまれている。

1階のみ営業再開した角マック、今後は2〜3階も再開

2015年12月に改装が行われたばかりの新市街店だったが、2016年4月に発生した熊本地震により建物が被災。店舗は休業を余儀なくされた。
震災後は同じく地震で被災したロードサイド店舗や下通店が次々と営業再開を迎えたが、新市街店は再開のめどが立たず、角マックの今後を案じる市民が後を立たなかった。
しかし、2017年1月に店頭で「3月末の営業再開」が告知されると安堵の声が挙がった。

4月19日に全面再開へ

マクドナルド熊本新市街店は2017年4月19日の全面再開に先駆けて、30日に1階のみで短時間のプレ営業を実施、31日より1階での通常営業を再開した。
約11ヶ月ぶりに営業再開を果たした熊本新市街店では、耐震性増強のための制震ダンパーの設置や東側入口を常時開放から自動ドアに変更、南東側の入口を閉鎖などの改装工事が行われた。
その一方で、店舗内ではカウンター上部に商品宣伝用の液晶ディスプレイや注文番号案内の新設、コンセント設置席の増設など、更なるサービス面の増強が図られた。
今後は、4月13日に上層階を一部オープンさせるなど、19日の全面開業に向けた工事を進めるという。

リニューアルオープンを告げる告知。

熊本県のマクドナルドはサンリブ清水建替えのため閉店した「マクドナルド清水サンリブ店」を除き、全店が営業再開を果たすことになる。
※ヘッダー画像は被災前のもの。

外部リンク:熊本新市街店 | 店舗検索 | お店をさがす | McDonald’s
関連記事:ココサ下通、4月27日開業-ダイエー跡に大型ファッションビル誕生
関連記事:カリーノ下通(寿屋)、6月10日全館再開-蔦屋書店、全面リニューアル

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【夏を先取り!ゴールデンキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル