イオン甲子園店、2017年5月閉店-旧プランタン百貨店・ダイエー甲子園店、競合増加で経営不振に

西宮市甲子園のショッピングセンター「イオン甲子園店」が2017年5月に閉店する。
イオン甲子園店。

元・プランタン百貨店→ダイエー甲子園店

イオン甲子園店は1993年6月にダイエー系百貨店「プランタン甲子園」として開業。1995年にはダイエー直営の総合スーパー「ダイエー甲子園店」に業態転換し、ダイエーがイオンに買収されたのちの2016年3月からは「イオン甲子園店」として営業している。
建物は地下2階、地上6階建てで、商業施設面積は約29,000㎡。
プロ野球・阪神タイガースの本拠地で春夏には高校野球も行われる「阪神甲子園球場」の最寄り店舗ということもあり、試合開催日には多くの観戦客で売場が混雑することで知られていた。

ダイエー時代末期からの業績不振抜け出せず閉店へ

イオン甲子園店の閉店を報じた産経新聞によると、閉店の要因はダイエー時代からの業績不振を脱せなかったことだという。
もともと、同店はかつてはダイエーのなかでも全国屈指の売上を誇る旗艦店として知られていたが、2004年には甲子園球場南東側に三井不動産の大型商業施設「ららぽーと甲子園」(売場面積53,000㎡、核店舗:イトーヨーカドー)が、2008年には西宮スタジアム跡地に「阪急西宮ガーデンズ」(売場面積107,000㎡、核店舗:西宮阪急)が開業するなど、大型店同士での競争が激化。
さらに、近隣の食品スーパーとの競争においても、高級路線の「いかり」や低価格路線の「業務スーパー」といった店舗と比べると、普段使いのスーパーとしての訴求力に課題を抱えていた印象は否めなかった。

施設の今後は三菱地所の手に-マークイズなど運営

イオン甲子園店の閉店に伴い、不動産大手の三菱地所が同施設の信託受益権を取得しており、同社が閉店後の施設の活用方法を決めていくと見られる。
なお、三菱地所は国内各地でショッピングセンター「マークイズ」を運営し、直近ではプロ野球・福岡ソフトバンクホークスの本拠地「福岡ヤフオク!ドーム」に隣接していた商業施設「ホークスタウンモール」跡地での出店を予定している。福岡ドーム隣接地に建設予定のマークイズ。(三菱地所公式サイトより)

福岡ドームと甲子園、奇しくもどちらもプロ野球本拠地球場の隣接地の開発を手がけることになった三菱地所は、「虎党の聖地」をどう作り変えていくのであろうか。

外部リンク:イオン甲子園店
関連記事:ダイエー、3月30日までに110店舗の「イオン化」完了-9県のみで展開するローカルスーパーに
関連記事:三菱地所、ホークスタウン跡に「MARK IS」出店へ-ZEPP福岡も復活

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【春・新生活わくわくキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル