CIAL鎌倉、3月22日開業-鎌倉駅ビル”観光客特化”リニューアル

鎌倉市で営業していたJR鎌倉駅ビル「エキスト鎌倉」が「CIAL鎌倉」にリニューアルし3月22日にグランドオープンを迎えた。

CIAL鎌倉。

鎌倉の玄関口に13店舗が集結

鎌倉駅ビルはこれまで「エキスト鎌倉」として営業してきたが、今回のリニューアルにより名称を「CIAL鎌倉」に改めた。
建物は地上2階建てで、店舗面積は約541㎡。
運営は桜木町駅、鶴見駅などの駅ビル運営も手がける株式会社横浜ステーションビルで、CIAL鎌倉では「鎌倉STYLE」をコンセプトに、エキストから継続する6店舗の他に観光向けテナントなど新規7店舗を加えた13店舗を展開する。
人気の銘菓・銘店を増やすことで、以前よりも観光客に特化した駅ビルとして生まれ変わった。

「CIAL鎌倉」出店テナント一覧
2階

鎌倉こまち市場 風凛(和食)
CAFE LEXCEL(喫茶・カフェ)

1階

こ寿々(和菓子) 
宗家 源 吉兆庵(和菓子)
鎌倉いとこ(和菓子)
鎌倉小川軒(洋菓子)
鎌倉まめや(お土産)
鎌倉旬粋(お土産)
旬粋彩り小町 (お土産)
ニューデイズ(コンビニエンスストア)
デリフランス(ベーカリー)
デリフランス(カフェ)
日影茶屋(惣菜)

外部リンク:シァル鎌倉
関連記事:京急久里浜駅ビル「ウィング久里浜」、2016年10月7日改装オープン

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【春・新生活わくわくキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル