長野駅前「ウェストプラザ」、ドン・キホーテ出店へ-平安堂書店跡

長野駅前の大型複合商業ビル「ウェストプラザ長野」の新たな核店舗としてディスカウントストアの「ドンキホーテ」が出店する。

ウェストプラザ長野(GoogleMapより)。

ドンキ、長野駅前に出店-長野県初の都市型店舗

ウェストプラザ長野は1974年に計画された再開発によって建設されたもので、1997年11月に開業。計画決定から実に23年かけての完成となった。建物は地上10階、地下1階建てで、2階はJR長野駅・駅ビル「ミドリ」からの陸橋で接続されている。

長野駅から直結。(GoogleMapより)。

 ビル内には永年に亘って地場大手書店の「平安堂」が2階から4階に出店し、核店舗となっていたが、平安堂は2016年9月に近隣の「ながの東急百貨店」別館シェルシェに移転するために閉店(新店舗は同年11月開店)。以降、2~4階が空き店舗となっていた。
なお、ウェストプラザ内にはこの他に、地階に駐車場、1階に郵便局などが、5階~6階に美容院などサービス系テナント、オフィス、ビル管理会社、7階~8階に積水ハウス系オフィス、9階~10階に飲食店が出店している。商業施設部分(おもに2~4階)の売場面積は2,051㎡。
ドンキホーテ長野駅前店(仮)は長野県初の都市型店舗として、平安堂跡の2~4階全体に出店することになる。
地元紙の信濃毎日新聞によると、開店は2017年秋ごろとなる見込みというが、詳しい出店時期や営業時間などに関しては3月時点では発表されていない。
(開店日などの追加情報が入り次第、更新します)

外部リンク:ウェストプラザ長野
関連記事:アリオ松本、2017年秋ごろ閉店-アルピコ松本バスターミナルの核店舗
関連記事:イオンモール東松本、8月3日着工-松本カタクラモール跡、2017年秋開業へ

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加