小名浜名店街・タウンモールリスポ、2018年1月閉館-老朽化で、イオン開業も影響か

いわき市小名浜のショッピングセンター「タウンモール リスポ」(小名浜名店街)が、2018年1月15日に閉館する。

タウンモールリスポ。(Google Mapより)

小名浜を代表する老舗ショッピングセンター

タウンモールリスポは1969年11月に地元主導型のショッピングセンター「小名浜名店街」として開業。1997年のリニューアルの際に名称を現在の「タウンモール リスポ」に変更した。
建物は地上2階建てで、売場面積は7,740㎡。土地、建物ともに小名浜名店街組合が所有している。
現在は福島県田村市に本社を置くスーパー「シミズストアー リスポ店」と、地元商店など約50店舗が入居している。
かつて隣接していた別のショッピングセンター「小名浜ショッピングセンター」(1997年閉店)とは長年熾烈な商戦を繰り広げるとともに、小名浜市街地の賑わい創出に貢献した。

背景には老朽化に加えてイオン進出が影響か

閉店を報じた地元紙・福島民友によると、建物が築約50年と非常に老朽化していることや、経営者の高齢化や後継者不足などが閉店の要因という。
また、同紙では直接的な閉店要因ではないとしているものの、2018年6月に大型商業施設「イオンモールいわき小名浜(仮称)」が店のすぐ近くに開業予定で、小名浜の商業の中心がイオンモールに変わることを見越した閉店である可能性も高いと考えられる。2018年6月開業予定のイオンモールいわき小名浜。(いわき市HPより)

跡地の活用方法などに関しては3月時点で発表されていないが、建物は老朽化しているため閉館後に解体され、約19,200㎡の土地は更地にして売却するという。

外部リンク:タウンモールリスポ
関連記事:イオンモールいわき小名浜、8月着工-2018年夏開業目指す「防災拠点モール」

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【春・新生活わくわくキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル