アウガ・ショッピングフロア、2月28日閉館-2018年3月に公共施設化へ

JR青森駅前の複合商業施設「フェスティバルシティ・アウガ」1~4階のショッピングフロアが、2017年2月28日に閉館した。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAフェスティバルシティ・アウガ。

青森駅前の憩いの場、16年の歴史に幕-公共施設化へ

「アウガ」は2001年1月に第三セクター企業「青森駅前再開発ビル」の運営する複合商業ビルとして開業した。
当初は地場百貨店「松木屋」(西武系、2003年倒産)、「ダックシティカネ長武田百貨店」(現:さくら野百貨店青森本店)などの出店も検討されたが、結局、商業ゾーンは独自のファッションビル業態とすることになった。その後、「第三セクターのファッションビル」は、コンパクトシティを標榜する青森市の象徴的存在として、多くの注目を集めた。
2月28日までのアウガは4つのゾーンに分かれており、地階はアウガ建設前にあった商店街の店舗が主に出店する食品ゾーン「新鮮市場」、1階から4階は「ショッピングフロア」(主にファッション)、5階から6階は「青森市男女共同参画プラザ・カダール」と催事ホールなど、6階から9階は「青森市民図書館」となっているほか、立体駐車場も設けられていた。地階~4階の商業床の売場面積は14,301㎡。
2月28日に閉館したのは、1~4階のファッションを中心とした「ショッピングフロア」の部分、約10,000㎡。最終営業日は、約50区画のうち約20店舗ほどでの営業となった。
auga1
アウガのフロア構成など概略図(青森市ウェブサイトより)。

アウガを運営する第三セクター「青森駅前再開発ビル」は解散することが決まっており、青森市は約17億円の債権を放棄する。
今後、アウガの土地建物は青森市が買い取る。その後、改装を進め、2018年1月をめどに公共施設化、青森市役所の総合窓口などが開設される。
青森市では、アウガと一体的に新市庁舎の整備を進めるための費用として、2017度一般会計当初予算案に約14億7千万円を計上している。
auga2
改装後のアウガのフロア構成案(青森市ウェブサイトより引用)。

居場所がなくなる若者、市外流出も増加か

コンパクトシティを標榜する青森市では、2006年より郊外地域には厳格な出店規制が敷かれているため、いわゆる近代的な「郊外型ショッピングモール」は存在せず、市内で最も大きな郊外型商業施設である「イオン・サンロード青森」(21,733㎡)も1977年開店と、イオンとしては非常に古い”前近代的”な店舗となっている。
P1040642
サンロード青森。築40年を迎える市内唯一のイオン。

青森市では、2006年より「コンパクトシティ」を目指した郊外大型店の出店規制を行っており、例え有名テナントであっても青森市内の郊外型商業施設への移転余地は多くなく、今回の閉館により多くのテナントは青森市から撤退することになってしまった。つまり、政策によって郊外の商業施設が規制された上に、政策によって造られた中心部の商業施設も、また政策によって消えてしまったことになる。
最終営業日が近付き、館内の大手雑貨・書籍販売店「ヴィレッジヴァンガード」に掲げられた「青森市から撤退します、さよなら」という文字は、今回のアウガ終幕を象徴するものであった。

2016年夏には期間限定で「おそ松さんショップ」が開設された。

アウガの閉館により「駅近くではプリクラも撮れない」という状態になった青森市。今後、地階の商店街「新鮮市場」は存続するものの、上層階が公共施設化された場合、新鮮市場や周辺施設の客足にどのような影響があるか未知数だ。
さらに、公共施設化までは1年ほどあり、1階~4階が閉鎖されている間、新鮮市場の客足は大きく減少する可能性もあり(弁当などを売る店は工事関係者への需要もあろうが)、市場の個人商店にとっては経営への影響も大きいであろう。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
地階の商店街「新鮮市場」。

一部テナントは移転へ-「青森市内から撤退」も相次ぐ

地元紙・東奥日報によると、2月22日現在アウガで営業していた21店のうち4店は中心市街地の百貨店やテナントビルに、2店は市内の大型商業施設に移転。3店は現在も移転先と交渉中で、別の3店は移転先が未定。残る9店は閉店の意向となっているという。
閉館の正式発表から4ヶ月ほどしか経っておらず、移転先が決まらなかった店舗も多いという。
移転を決めた主なテナントは以下の通り。
(都商研調べ。情報があり次第、追記します。)

アウガ内テナントの移転先

(いずれも青森市内に移転、※は郊外移転)

ファッション・服飾雑貨・コスメ
  • TRADER LUCK:イオン・サンロード青森※
  • U.S.BOARDER:さくら野百貨店青森本店
  • 飛行船カーラ:さくら野百貨店青森本店
  • HAYARIYA(La claireに改名):イオン・サンロード青森※
  • LADY:ドリームタウンALi(2016年移転)※
食品・雑貨・そのほか
  • ビーモバイル(携帯修理):ミッドライフタワー
  • ユアコンタクト(コンタクトレンズ):ミッドライフタワー
  • ジェイエステティック(エステ):イオン・サンロード青森※
  • うらら(菓子など):マエダガーラモール店※
  • レコルト(ベーカリー):青森駅前公園そばの路面店
  • 青森県信用組合(銀行):アウガ1階から移転せず

外部リンク:Festival City AUGA | フェスティバル シティ アウガ
関連記事:アウガ・ショッピングフロア、2017年2月28日閉館へ-経営問題で市長辞任、混迷深まる活用方法

関連記事:中三百貨店、MiK傘下で経営再建へ
関連記事:イオンモールつがる柏に「つがる市立図書館」開館-ショッピングでの相乗効果狙う

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【春・新生活わくわくキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル