ユニー・アピタ黒部店、2017年8月までに閉店へ-旧・黒部サティ

黒部市の旧国道8号線沿いにあるショッピングセンター「アピタ黒部店」が2017年8月までに閉店する。

アピタ黒部店(GoogleMapより)。

旧・黒部サティ、アピタ化後に一度も売上目標達成できず

アピタ黒部店はマイカルが運営する「黒部サティ」として1997年8月に開店。 マイカルグループの経営破綻に伴い2003年6月に閉店し、同年11月にユニーが土地(一部除く)と建物を買収、2004年4月にユニー・アピタ黒部店となった。
アピタ黒部店の売場は1階と2階で売場面積は13,657㎡。このほかにパチンコ店などが出店する別棟を備える。
ユニーの出店当時は直営年商32億円を目標としていたが、売上は2006年の24億円をピークに減少。 競合店の増加とバイパスの開通による交通の分散もあり、核テナントの1つであった上新電機が2015年6月に閉店するなど不振を極め、一度も売上目標を達成することは出来ないままの閉店となった。
建物は築約19年と新しいものの、店舗跡地の活用方法は3月現在まだ決まっていないという。

外部リンク:アピタ黒部店
外部リンク:アピタ黒部店の開店について
関連記事:イオンモール新小松、3月24日開業-北陸最大級のイオン、福井県も商圏に 

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【うきうきサマーキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル