イオンモール新小松、3月24日開業-北陸最大級のイオン、福井県も商圏に

石川県小松市の大型ショッピングモール「イオンモール新小松」が3月24日にグランドオープンする。イオンモール新小松。

約160店舗の専門店が集結-福井県も商圏に

「イオンモール新小松」は、JR小松駅の南東約2kmの区画整理地に出店。国道8号線のアクセスが便利な位置にあり、小松空港へも約5kmと近い。
建物は地上3階建てで、延床面積は約83,000㎡、総賃貸面積は約63,000㎡。同じ石川県に立地する「イオンモールかほく」(延床面積約75,500㎡)より少し大きい規模で、イオンモールとしては北陸最大級となり、福井県の一部(嶺北地方)も商圏とする。

イオンモール新小松位置図(Googleマップより作成)。

イオンモール新小松の開発コンセプトは「加賀ノ国文化ヲ嗜ム-豊かな時と美意識が息づく加賀文化で過ごす」。
核店舗の総合スーパー「イオンスタイル新小松」(1-3階)をはじめ、サブ核店舗の娯楽施設「楽市楽座」(2階)、映画館「イオンシネマ」(3階)、スポーツ用品の「スポーツオーソリティ」(3階)など約160店舗の専門店が出店する。
また、館内の吹き抜けにはシンボルモニュメントとして九谷焼を用いた「九谷五彩柱」が設置される。

シンボルモニュメント「九谷五彩柱」(公式サイトより)。

「イオンスタイル新小松」、イオン初の「カレーバー」導入

核店舗となるイオンスタイル新小松では“おもてなしSTYLE STORE”をコンセプトに、これまでになかった「経験」と「出会いの場」を提供する。

イオンスタイル新小松。

1階・食品売場、生鮮コーナーで展開するジューススタンド「デポデサンテ」では、加賀の観光農園「加賀フルーツランド」の果実を原料としたこだわりのジュースを提供する。
惣菜コーナー「リワードキッチン」ではイオン初となる「カレーバー」を導入。ビーフやチキン、キーマ、トマトカレー、金沢カレーの5種類のカレールーと、とんかつやハンバーグと言ったトッピングを組み合わせることで、オリジナルの一皿を作ることができる。

カレーバーなどを展開する1階・食品売場。

2階・美と健康の専門ショップ「グラムビューティーク」では、300種類のカラーアイテムが揃う「コスメティック・バー」や毎日の健康状態を気軽にチェックできる「SALU STATION」を展開。
また、年中無休の調剤薬局「イオン薬局」を併設し、処方箋情報をスマートフォンで送るだけで予約と薬の出来上がりの連絡を受けられる「スマホde調剤薬局」サービスを実施する。

2階・美と健康の専門ショップ「グラムビューティーク」。

3階・ファッションと雑貨のゾーンのメガネ専門店「グラスアップ」では、メガネの特産地として有名な福井・鯖江産のメガネフレームを使用したメガネを多く取り揃える。
キッズ・暮らしのゾーンでは北陸最大級の幼児向けギフトコーナー「ベビーポケット」や、ホームファニシングストアの「ホームコーディ」を展開する。
そのほか、館内にはイオンモール従業員の家族が利用できる「イオンゆめみらい保育園」も開設される。

専門店街には「めいてつエムザ」の小型店

1階イオンスタイルに隣接して設けられる食物販の専門店ゾーン「Komatsu Marche」では、JA小松市運営の「道の駅 こまつ木場潟」が地場産品を品揃えする食の発信拠点「えちゃけな」や、金沢市を中心にレストランやケーキショップを展開する「ぶどうの木」のカフェ業態「カフェぶどうの木」など13店舗が集結する。

Komatsu Merche。

また、Komatsu Marcheには名鉄グループ傘下の百貨店「めいてつ・エムザ」のセレクトショップ「めいてつ・エムザ 黒門小路」も出店。金沢銘菓を自由に選べる“金澤づつみ”をはじめ、北陸・金沢の名産品を提供する。

アンケートに答えて当てよう! 【春・新生活わくわくキャンペーン】

「ファストファッション大型店競争」も?

ファストファッションとしては、スウェーデンの「H&M」とスペインの「ZARA」(今夏オープン)が1階と2階のメゾネットタイプ(売場面積はともに約2,000㎡)で出店。ユニクロ傘下の「G.U.」も1階に北陸最大級となる売場面積約1.900㎡の大型店を出店する。
これら3店舗合計の売場面積はおよそ6,000㎡にものぼり、モール内での白熱した店舗間競争が見込まれる。

「レストラン・フードコート」には「金沢グルメ」の新業態が

1階レストラン街「小松食回廊」では「金沢カレー」の元祖として県民から愛される「カレーのチャンピオン」が初めて手がけるラーメン店「チャンピオンカレーヌードル」が出店。
また、北陸の新鮮なネタが楽しめる回転寿司「もりもり寿し」や、北陸初出店となる立ち食いステーキ専門店「いきなり!ステーキ」など13店舗が出店する。

小松食回廊。

2階フードコート「Food Forest」では、地元のラーメンチェーン店“8番らーめん”で知られる(株)ハチバンが、野菜の種類や量を増やした新メニューを提供する「8番らーめんエクスプレス」を出店。
また、富山県射水市創業の老舗料亭「料亭 三角」が手がけるトンカツ・牛カツの新業態店「三角屋」や、ローストビーフ丼専門店「ローストビーフ 星」など13店舗をラインナップする。

Food Forest。

また、別棟のカフェ「星乃珈琲」はイオンモールの開店に先駆けて2月1日にオープンしている。

北陸最大、広い商圏-商業地図を塗り替えるか

先述の通り、イオンモール新小松は北陸最大級のイオンモールとなり、金沢都市圏は勿論のこと、福井県嶺北地方(福井市周辺)も商圏に据え、年間800万人の来店を見込む。

福井市中心部。

福井県には現在イオン系ショッピングセンターが全くなく(過去にあったが撤退)、売場面積が3万㎡を超える店舗はユニー系の「フェアモール福井・エルパ」(福井市、売場面積44,571㎡)のみ。このほかにもユニーはこの地域に多くの郊外型ショッピングセンターを持つが、ユニーはファミリーマートとの経営統合に伴い、東海地方以外に立地する店舗網の縮小を示唆している。
また、イオンモール新小松には福井県に本社を置くテナントも7店が出店することを決めており、北陸最大級のモールの登場で、北陸地方の商業地図が大きく塗り替わる可能性もあろう。
なお、イオンモールの開業に先駆け、福井市では2016年より「西武百貨店福井店」、「フェアモール・エルパ」(ユニー)、「ベル」(平和堂)、「パリオシティ」(ヤスサキ)の「ライバル同士による共同販促」も開始されているという。

イオンモール新小松

住所:石川県小松市沖周辺土地区画整理事業地内、三田町
営業時間:8:00~23:00 (専門店街9:30~21:00など)
敷地面積:約128,000㎡
延床面積:約83,000㎡
総賃貸面積:約63,000㎡
駐車台数:約3,200台

外部リンク:イオンモール新小松
関連記事:香林坊東急スクエア、2016年4月28日開業
関連記事:福井鉄道・えちぜん鉄道、2016年3月27日より相互乗り入れ開始-駅前線延伸も同時開通

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【うきうきサマーキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル