京阪、大津線4駅の駅名を2018年3月に改称-浜大津など、大津市の街づくり計画で

京阪電車(京阪電気鉄道、大阪市中央区)は、大津市の街づくり計画に沿うかたちで、2018年に大津線(京津線、石山坂本線)4駅の駅名を改称する。

改称される予定の浜大津駅。

京阪4駅、大津市の街づくり計画に沿った改称

今回、駅名を変更するのは大津線(京津線、石山坂本線)にある「浜大津」、「別所」、「皇子山」、「坂本」の4駅。それぞれの新駅名と改称理由は以下の通り。

  • 浜大津:びわ湖大津観光の玄関口であることから「びわ湖浜大津
  • 別所:大津市役所に隣接していることから「大津市役所前
  • 皇子山:JR湖西線「大津京」との連絡駅であることから「京阪大津京
  • 坂本:比叡山観光の拠点であることから「坂本比叡山口


4駅の位置図。京阪ニュースリリースより。


新しい駅名票イメージ。京阪ニュースリリースより。

4駅はいずれも大津市内に位置しており、今回の改称は、大津市が2017年度から策定を進めている「大津市第2期観光交流基本計画」の中心的な考え方である「オンリーワンのびわ湖を活用した地域の活性化」に賛同したものだという。
新駅名の使用は2018年3月からになる。

追記∶車両カラーを京阪本線と統一することも発表された。2017年から順次変更される。

外部リンク:大津線4駅の駅名を変更します。(京阪電車)
外部リンク:大津市第2期観光交流基本計画策定について(大津市)
関連記事:JR北海道、3路線を廃止する方針-日高本線、夕張線に続き
関連記事:ビエラ大津、2016年10月1日開業-JR大津駅ビル全面改装
関連記事:大津パルコ、2017年8月末閉店

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加