イトーヨーカドー広畑店、3月26日閉店-姫路南部を代表する大型ショッピングセンター

姫路市広畑区の山陽電車夢前川駅のそばにある大型ショッピングセンター「イトーヨーカドー広畑店」が3月26日に閉店する。

イトーヨーカドー広畑店。

ニトリ、ムサシとともに一大商業地を形成していた

イトーヨーカドー広畑店は2000年3月開業。地上2階建、売場面積は20,554㎡。新日本製鐵用地(労働会館の跡地など)への出店だった。建物部分はイトーヨーカ堂が所有している。
館内には専門店として「ABCマート」、「マックハウス」、「クラフトパーク」、「キャンドゥ」、「宮脇書店」など約25店舗が入居しているほか、隣接地に「ニトリ」(売場面積9,776㎡、2004年11月開店、アカチャンホンポも同居)、「ホームセンタームサシ」(売場面積25,375㎡、2004年10月開店)が出店しており、総売場面積5万㎡を超える一大商業集積地となっている。また、新日鐵住金グループの総合病院「製鉄記念広畑病院」とも隣接している。

閉店セールは2月8日から-後継テナントは未定

イトーヨーカドー広畑店では、2月8日から閉店セールが実施されている。
後継テナントなどに関しては、2月時点で発表されていない。
イトーヨーカドーの建物は築年数17年とまだ新しいために新規テナントを誘致する可能性が高いと考えられる。
一方で、姫路市にはイオングループの源流の1つとなった「フタギ」の本社があった縁もあり、ヨーカドーの近隣にも複数のイオン系ショッピングセンターが立地する。イトーヨーカドーも売場面積が2万㎡と非常に広いうえに自社所有物件であることから、建物が他社に売却される可能性もあろう。

外部リンク:イトーヨーカドー広畑店
関連記事:サンモール高砂、再生に向けて売却へ
関連記事:旧・姫路モノレール大将軍駅、解体へ
関連記事:キュエル姫路、2016年4月29日開業-神姫バスの新バスターミナルビル

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【春・新生活わくわくキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル