イズミヤ・エスカード牛久店、2月1日閉店-イズミヤ、検見川浜店も閉店で関東撤退へ

JR牛久駅西口の複合商業ビル「エスカード牛久」の核店舗「イズミヤ牛久店」が2月1日で閉店する。
エスカード1
イズミヤ牛久店・エスカード牛久。

イズミヤ、関東撤退へ

イズミヤ牛久店はJR牛久駅前の複合商業施設「エスカード牛久」の核店舗。
1987年3月開店で、イズミヤは1階から4階にかけて出店している。売場面積は13,720㎡。そのうち11,491㎡をイズミヤが占める。
イズミヤの関東初出店という記念すべき店舗だったが、イズミヤは「H2Oリテイリング」(阪急阪神東宝グループ)傘下となったことで経営資源を関西地方に集中させる方針を発表。2016年には中国地方から撤退したほか、牛久店を2月1日に閉店させたあとは「イズミヤ検見川浜店」(千葉市、1991年開店)を5月に閉店させる方針で、関東地方から完全撤退する。
今後、イズミヤの関西地方以外の店舗は宮崎店(宮崎市)と中国・蘇州市の店舗のみとなる。
KOMpCWIl-1-
2015年に閉店したイズミヤ小山店。

牛久駅前唯一の大型店-新規テナント誘致へ

牛久市は稀勢の里関の出身地であることでも有名であるが、イズミヤとエスカード専門店街では、稀勢の里関の優勝記念垂れ幕などを2013年から用意しており、この垂れ幕は閉店を前にした2017年初場所の優勝によりようやく日の目を見ることになったという。
牛久駅前にはかつて西友も出店していたが現在は撤退しており、イズミヤ牛久店は牛久駅前唯一の大型スーパーとなっていた。
エスカード、西友跡
手前はエスカード牛久、奥に見えるのは旧・西友牛久店。

牛久市は、買い物難民対策などから当面イズミヤの区分所有床を賃貸し、2019年度に購入する方針を発表した。今後、エスカードを運営する第三セクター「牛久都市開発」と牛久市はスーパーマーケットなど新規出店テナントの誘致を行う。

なお、イズミヤ内に出店するテナントは2月1日までに閉店するものの、エスカード専門店街(1~2階)の多くの店舗や、館内に入居する公共施設はイズミヤ閉店後も営業・運営を継続するという。
DSC08174
稀勢の里関の旗が飾られた吹き抜け。

外部リンク:イズミヤ
外部リンク:エスカード牛久
関連記事:土浦駅ビル「ペルチ」、テナント撤退相次ぐ-1月には11店撤退、「観光施設転用」も視野 
関連記事:長崎屋・MEGAドン・キホーテ八千代16号バイパス店、11月19日開店-イズミヤ八千代店跡で新たな総合スーパー像を描く 
関連記事: ロブレイズミヤ小山店、2015年8月31日閉店

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【春・新生活わくわくキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル