マルナカ屋島店、1月31日閉店

高松市高松町のJR屋島駅近くにあるイオン系の総合スーパー「マルナカ屋島店」が、1月31日午後6時をもって閉店した。
marunakayashima1
最終営業日を迎えたマルナカ屋島店。

古高松・屋島を代表する老舗スーパー、41年の歴史に幕

マルナカ屋島店は1976年7月開店。地上4階建てで、売場面積は3,644㎡。建物はマルナカが所有している。
JR高徳線屋島駅ちかくの旧国道11号(県道155号線)沿いに立地し、高松市のベッドタウンとして発展した古高松(屋島)地区を代表する老舗総合スーパーだった。
しかし、開店から41年が経過し、建物の老朽化が進んでいたことが閉店に繋がったものと思われる。

かつては仮面ライダーの舞台にも

営業最終日は1階食品売場、2階ファッション・生活雑貨売場のみの営業となった。以前はテナントとして3階に「宮脇書店」などが営業していたほか、3階には寝具売場などがあった。
marunakayashima2
入口に掲示された閉店のお知らせ。

また、マルナカ屋島店は「仮面ライダーブラックRX」34話(1989年放送、テレビ朝日系/瀬戸内海放送)のロケ地としても知られており、特撮ファンからの閉店を惜しむ声も聞かれた。
2017年2月現在、店舗跡地の活用方法などは明らかになっていない。

 外部リンク:マルナカ公式サイト
関連記事:マルヨシセンター高級業態「グランデリーズ」1号店、2016年7月12日開店-ローソン経営にも参入
関連記事:イオンタウン宇多津、2015年10月24日開業

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加