シエスタハコダテ、4月22日開業-五稜郭地区・ホリタ跡の大型再開発ビル

函館市電五稜郭公園前電停前に建設中の大型再開発ビル「シエスタハコダテ」が4月22日にグランドオープンする。
goryokaku1
シエスタハコダテ。
(完成予想図・大和ハウス工業マンション販売サイトより)

旧ホリタ(グルメシティ)跡を再開発

シエスタハコダテは、函館市本町の丸井今井デパート向かい・ダイエーグルメシティ五稜郭店跡地に建設中の再開発ビル。
ダイエーグルメシティ五稜郭店は函館市のスーパー「ホリタ」の店舗として1970年に開店。地下1階、地上7階の規模で、出店当時は函館市最大の総合スーパーであったが、ダイエーグルメシティ五稜郭店となったのち2009年5月に閉店。その後、地元企業などが出資する「SPC函館本町開発」が取得し、新たなビルの建設を進めていた。再開発の総事業費は約46億円。

タワーマンション、商業施設の大型複合ビル-19階建て

シエスタハコダテは地下1階、地上19階建の規模で、地階~3階は商業施設、4階は函館市の市民交流プラザ「Gスクエア」、5階~19階は大和ハウス工業による分譲マンション「プレミストタワー函館五稜郭」(74戸)となる。また、このほかに立体駐車場が設けられる。7
Gスクエア・ロゴ(公式サイトより)。

商業施設の核は無印良品-全国有数の規模の「旗艦店」

シエスタハコダテの商業フロアは地階~3階までの約3,600㎡。
そのうち、1階から3階までの2,700㎡に核店舗として「無印良品」が出店する。
無印良品は道内最大・全国でも有数の規模の店舗で、喫茶店「Cafe&Meal MUJI」(200㎡)やコミュニケーションスペース「Open MUJI」も設置される。 無印良品はこの店舗を「地方都市における大型店展開のモデル」としたい考えで、地域貢献として4階の市民交流プラザ「Gスクエア」でのイベント企画・運営にも参画する。なお、函館駅前の百貨店「棒二森屋」の無印良品は3月で閉店となる。
また、地下1階の食品売場は、輸入食品雑貨店「ディーン&デルーカ」がプロデュースし、道内・全国各地の生鮮品店、グロサリーストア、銘菓店などが出店する「フードマーケットホール」となる。ディーン&デルーカは北海道初出店となる。

再開発すすむ函館中心部-和光跡も一部開業

函館市内では、このほかにもJR函館駅前の和光デパート跡に大型再開発ビル「キラリス函館」(高層階は分譲マンション「函館マークス」)が2016年夏に一部暫定開業したばかり。新幹線開業に沸く函館の街は大きく姿を変えることになる。
kiraris1-
キラリス函館(公式サイトより)。

外部リンク:「無印良品シエスタハコダテ」オープンのお知らせ (良品計画)
外部リンク:Gスクエア
外部リンク:キラリス函館
関連記事:苫小牧駅前プラザegao(旧ダイエー)、自己破産正式決定-市が取得へ
関連記事:セイコーマート、社名を「セコマ」に改称

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【春・新生活わくわくキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル