ルネスアベニュー、3月31日閉店-弘前のファッションビル、道路拡幅後に再建へ

弘前市土手町のファッションビル「ルネスアベニュー」が、道路拡幅工事に伴い2017年3月31日で一時閉店する。IMG_1549ルネスアベニュー。

弘前市中心部を代表するファッションビル

ルネスアベニューは1980年2月に「ルネス街」として開業。2006年9月に全面リニューアルし、現在の姿となった。
地下1階、地上3階建てで、売場面積は2,489㎡。弘南鉄道中央弘前駅前に立地し、建物は呉竹産業が所有、地元不動産賃貸会社のスコーレが運営する。
中三百貨店弘前店とともに土手町を代表する商業施設として長年親しまれており、若者向けファッションテナントや飲食店などが軒を連ねていたほか、1階にあったカフェ「ハウル」では、市内の洋菓子店などで提供されるアップルパイ6種が食べ比べ出来る「アップルパイ食べくらべプレート」が好評を博した。(2016年1月に提供終了)
また、館内には商店街振興組合なども入居している。
IMG_1558 
好評だったアップルパイ食べ比べプレート。
(弘前観光コンベンション協会ガイドマップより)

道路工事のため一時閉店、リニューアルへ

今回の閉店は、ルネスアベニュー南側(中央弘前駅前)の敷地が都市計画道路「山道町樋の口線」のルート上にかかるため。山道町樋の口線は中央弘前駅前を通るものの非常に狭く、歩道も設けられていなかったため、弘前市が拡幅工事を実施することとなった。
ルネスアベニューの再オープン時期は明らかになっていない。
同施設は弘前市の中心市街地活性化事業のなかで「(仮称)ルネスアベニューリノベーション事業」の計画地として指定を受けていることもあり、北東北屈指の繁華街である土手町エリアに活気をもたらすリニューアルが期待される。

外部リンク:ルネスアベニュー
外部リンゴ:弘前アップルパイガイドマップ(弘前観光コンベンション協会公式サイト)
関連記事:南部バス、2月15日めどに岩手県北自動車に事業譲渡-事実上倒産でみちのりHD傘下に
関連記事:ユニバース十和田東ショッピングセンター、11月11日開業-旧・十和田市駅跡地
関連記事:中三百貨店、MIK傘下で経営再建へ
関連記事:イオンモールつがる柏に「つがる市立図書館」開館-ショッピングでの相乗効果狙う

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加