西友清水店の再開発計画まとまる-閉店から約2年

静岡市葵区の不動産会社「ヨシコン」は、2015年4月に閉店した「西友清水店」(静岡市清水区)の再開発計画を発表した。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
西友清水店。

地元企業が取得-2棟の大型ビルを建設へ

西友清水店は1973年12月に開店。
地上7階、地下1階建てで売場面積は9,919㎡。JR清水駅前の大型店として長年親しまれたが、建物の老朽化と売上の低下により2015年4月に閉店。その後、跡地は地元不動産会社「ヨシコン」が取得、店舗跡の建物を解体していた。

ヨシコンの計画によれば、西友跡には新たに2棟の大型ビルが建設される。
そのうち1棟はビジネスホテルで、完成後に「東横イン」が出店。
もう1棟は分譲マンションで、1階には「マックスバリュ東海」(静岡県長泉町、旧社名・ヤオハンジャパン)が食品スーパーを出店する方針だという。ヤオハンはかつて静鉄新清水駅・清水市役所近くに出店しており、約20年ぶりに清水中心部への再出店を果たす。

それぞれの建物は2017年度中に着工、2018年度中の完成を目指す。なお、西友の駐車場跡にはローソン、眼鏡市場などが建設され、既に営業を開始している。
近年、JR清水駅周辺にはマンションが多く立地するようになっていたものの、西友清水店の閉店後はスーパーマーケットが1つもない状態となっていた。マックスバリュの出店により清水駅前の利便性は大きく向上することになる。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
清水駅前。左側のシダックス(旧マルイ)も解体された。

関連記事:再活用進まぬ西友跡
関連記事:「静岡マルイ」「静岡モディ」11月19日開業
関連記事:西武百貨店沼津店跡地に「ラブライブ!カフェ」開店

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【春・新生活わくわくキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル