markis_fukuoka

三菱地所、ホークスタウン跡に「MARK IS」出店へ-Zepp福岡も復活

三菱地所は、2016年3月31日を以て閉館した「ホークスタウンモール」(福岡市中央区地行浜)跡地にショッピングセンター「マークイズ」を出店させるとともに、核施設としてライブハウズ「Zepp福岡」、映画館「ユナイテッドシネマ福岡」を再出店させることを発表した。
HT
ホークスタウンモール。

「マークイズ」ブランドで再開、旧ホークスタウンの1.5倍に

「マークイズ」は三菱地所が運営するショッピングセンターで、2013年に開業した「マークイズ静岡」「マークイズみなとみらい」に続く3店舗目。
新たな商業施設の延床面積は約125,000㎡(旧ホークスタウンは約81,000㎡)、賃貸面積(売場面積)は約48,000㎡、テナント数は150~200店舗、駐車場台数は約1,300台の規模となる。
また、隣接して28階建てのタワーマンション(分譲マンション)が2棟建設される。
markis_fukuoka
完成予想図(プレスリリースより)。

 marukis_fukuoka_map
タワーマンションも建設される(プレスリリースより)。


2018年度中の開業を目指す

2016年10月現在、ホークスタウン跡では敷地を更地化する工事を実施中。新施設は2017年着工、2018年後半の開業を目指す。
また、タワーマンションについては2020年までの完成を目指して工事が進められるという。
なお、今回発表されたテナントはライブハウズ「Zepp福岡」、映画館「ユナイテッドシネマ福岡」のみで、そのほかのテナントについては今後発表するとしている。かつて入居していたHKT48劇場は西鉄ホールへの「間借り」状態であるが、今回HKT48劇場の再入居などに関しては発表されていない。
HKT48
HKT48劇場の再出店については未定。

旧「ホークスタウン」についてはこちらを参照:三菱地所、ホークスタウンモール再開発の概要発表

外部リンク:ホークスタウンモール跡地複合再開発計画について(三菱地所)
関連記事:HKT48劇場、天神「西鉄ホール」に移転へ-西鉄福岡駅直結

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【Lucky Xmasキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル