p1090154

SEGAジョイポリス、「チャイナ・テーマパーク」傘下の運営に

セガサミーは、アミューズメントパーク「ジョイポリス」を運営する「セガ・ライブクリエイション」の株式の85.1%を香港の「華夏動漫形象有限公司」(China Theme Parkチャイナ・テーマパーク社)に売却することを発表した。
今後、国内のジョイポリスは華夏動漫形象有限公司(チャイナ・テーマパーク社)傘下での運営となる。
decks
東京ジョイポリスが入居する「デックス東京ビーチ」。

かつては全国展開していたジョイポリス

ジョイポリスは1994年の「横浜ジョイポリス」を1号店とし、その後は新潟万代シテイ、キャナルシティ博多など全国に展開。一時は国内に7店舗あったが、国内店舗は徐々に規模を縮小し、2016年現在は東京お台場、大阪梅田、岡山、中国上海、中国青島の5店舗を展開、そのうち中国国内の上海、青島ジョイポリスは現地企業との提携により運営されている。華夏動漫形象有限公司(チャイナ・テーマパーク社)は、以前より上海ジョイポリスの運営で提携していたという縁がある。
p1000760
かつては全国展開していた。

ジョイポリス事業は近年不採算状態が続いていたという。売却によりセガサミーは、2017年3月期連結決算で約14億円の株式売却損を特別損失として計上する見通し。
なお、株式の14.9%は今後もセガサミーグループが保有するため、連結対象から外れるものの、完全にセガとの縁が切れるという訳ではない。

国内のジョイポリス、チャイナ・テーマパーク社の傘下に

国内3店舗のうち、東京お台場、大阪梅田の2店舗は今後「華夏動漫形象有限公司」(チャイナ・テーマパーク社)の運営となる。
岡山ジョイポリスについては、規模縮小の際にセガエンタテイメントに運営が移管されているため当面そのまま営業を継続するとみられるが、岡山ジョイポリスが出店しているイトーヨーカドー岡山店の営業自体が2017年2月までとなっているため、今後に関しては未定となっている。
P1070848
岡山ジョイポリスが入居するイトーヨーカドー岡山店。

外部リンク:東京ジョイポリス
外部リンク:子会社の異動(株式譲渡)および特別損失の計上に関するお知らせ(セガサミーHD)
関連記事:イトーヨーカドー岡山店、2017年2月閉店

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【Lucky Xmasキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル