P1120374-1-縮小

大分フォーラス、2017年2月閉店-建替えで全面リニューアル「大分オーパ」に

大分駅前のイオン系ファッションビル「大分フォーラス」が2017年2月で閉店し、ビルを全面的に建替えた上でダイエー系の大型ファッションビル「大分オーパ」(大分OPA、仮称)として再出発することが分かった。
大分フォーラス
大分フォーラス。

築43年で老朽化、建替えで全面リニューアルへ

大分フォーラスは1974年3月に「ジャスコ大分店」として開業。売場面積は12,097㎡で、建物は横萬ビル(現:ホームワイドの関連企業)、大分中央ビルなどが所有している。
「ジャスコ大分店」は1993年10月に食品売場などを廃止し、ファッションビル「大分フォーラス」としてリニューアル。その後、1995年1月にジュンク堂書店の九州1号店「淳久堂書店大分店」が、2001年3月にはスターバックスコーヒー(大分1号店)が出店している。
建替えは建物の老朽化と耐震性の問題によるものだという。
追記:閉店日は2017年2月26日とのこと。
p1160295
セントポルタ中央町側のフォーラス入口。
(2015年夏に行われた進撃の巨人コラボにて)

新たな大型ファッションビルとして再出発

大分フォーラスの閉店後は建物を解体し、2019年春の営業再開を目指す。
新店舗「大分OPA」の詳細な概要は発表されていないが、新店舗も現在の大分フォーラスと同じファッションビル業態となり、現在のアパレルに加えてライフスタイル関連(雑貨・ホビーなど)の店舗を強化するとしている。また、一部テナントは新店舗に引き継がれると思われる。
大分駅前では、2015年4月に大分駅ビル「JRおおいたシティ」が開業。大分フォーラスでは、JRおおいたシティやトキハ本店、周辺商店街との合同セールも開催している。建替えは、駅ビルの完成により集客力が上がりつつある大分駅前での存在感を示したいというイオンの思惑もあろう。
大分駅
JRおおいたシティ。

セントポルタ中央町
大分駅前の商店街「セントポルタ中央町」。
イオン銀行看板の附近が大分フォーラス。

関西では大手のファッションビル「OPA」

「OPA」(オーパ)はダイエー系、現在はイオン傘下のファッションビルで、「オーパ」とは一号店だった「新神戸 Oriental Park Avenue」の略。現在は関西を中心に9店舗が営業しており、京阪神では大手のファッションビルとして親しまれている。
OPAは2016年3月にイオン系ファッションビル「フォーラス」と、旧マイカル系ファッションビル・ファッション専門店「VIVRE」を運営するイオンリテールと経営統合をしており、現在は大分フォーラスもOPAにより運営されていた。
 九州の旗艦店としてはキャナルシティ博多に「キャナルシティOPA」が出店しているほか、イオン傘下になってからは再び新規出店に積極的になっており、2017年にはJR水戸駅前のヤマダ電機LABI水戸店跡に「水戸OPA」を、JR高崎駅前の高崎VIVRE跡に「高崎OPA」を出店することが決まっている。
p1000760
「OPA」はキャナルシティ博多の核店舗としても知られる。

外部リンク:OPA
外部リンク:大分フォーラス
関連記事:高崎オーパ、2017年秋開業-高崎駅前・ビブレ跡
関連記事:アクロスプラザ大分駅南、10月28日開店-大分駅隣接のショッピングセンター
関連記事:JRおおいたシティ、1年間の入館者2500万人-予想の倍、駅乗降客数はJR九州3位に

(追加情報があり次第、更新いたします)

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【Lucky Xmasキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル