P1000413

【熊本地震】健軍商店街の一部商店主、マルショクを提訴-店舗倒壊で通行止めに

熊本地震により「マルショク・サンリブ健軍店」(熊本市東区)が倒壊したことで、商店街が通行止めになり、営業できないなどの損害を被ったとして、サンリブ健軍が核店舗となっていた「ピアクレス健軍商店街」の商店主2名がマルショク(大分市)に対し112万円の損害賠償を求めて熊本地裁に提訴した。
IMG_6210-1
サンリブ健軍。

核店舗倒壊、通行止めによる損害訴える

ピアクレス健軍商店街は熊本地震の震源地である益城町に近く、4月16日の熊本地震の本震(震度7)で商店街の核店舗である「サンリブ健軍」が倒壊。これにより商店街の一部が1ヶ月以上に亘って通行止め・立入禁止となったほか、核店舗が閉店したことで、商店街の客足は大きく減少していた。
地元紙・熊本日日新聞によると、提訴は8月16日付で、熊本地震の被害を巡る訴訟提起は初だという。
img_6244-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
地震の影響で商店街の一部が通行止めとなっていた。

IMG_6272-1
熊本地震では他企業の店舗も倒壊が相次いだ。
同じく熊本市東区で全壊したスーパー「ショッピング丸勢 健軍店」。
将来的に店舗再建を目指すという。

マルショク、再建目指して健軍商店街と共同で補助金申請

一方で、サンリブ健軍は商店街周辺で唯一の大型スーパーであり、健軍商店街の商店主や周辺住民によるサンリブ健軍の営業再開を望む声は非常に多い。
現在、マルショクでは健軍商店街振興組合と共同で、被災企業の復旧費用の一部を国や県が補助する「熊本県中小企業等グループ施設等復旧整備補助事業」に基づく「グループ補助金」を申請しており、商店街と協力するかたちでの店舗再建を目指しているという。

関連記事:サンリブくまなん、8月27日営業再開-子飼・健軍は建替へ
関連記事:マルショク、熊本地震でサンリブ3店舗解体-再開時期は未定

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【Lucky Xmasキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル