ららぽーと湘南平塚、10月6日開業

平塚市のJR平塚駅近くに三井不動産が運営する大型ショッピングセンター「ららぽーと湘南平塚」が10月6日にグランドオープンした。
image-1
ららぽーと湘南平塚。

イトーヨーカドー食品館など247の専門店が集結

ららぽーと湘南平塚はJR東海道線平塚駅北口から徒歩12分の日産車体湘南工場敷地の一部に開設。
コンセプトは「“ひらつかリビング~My Third Place~” 」で、三井不動産が手がける複合再開発地区「ららシティ湘南平塚」の核施設となる。
店舗面積は約60,000㎡で、247店舗のテナントが入居する。
核店舗は1階の「イトーヨーカドー食品館」。そのほか、食品専門店として「北野エース」、大型商業施設初出店となる精肉店「肉処 朝日屋」などが出店し、バラエティ豊かな食物販を展開する。imageイトーヨーカドー食品館。

また、飲食店テナントとしては秋葉原に次ぐ国内2号店となる米国発のハンバーガーチェーン「カールス・ジュニア」などが出店。また、「スターバックスコーヒー」が1階に、「タリーズコーヒー」が3階に入居し、大手カフェチェーン同士がしのぎを削る。
その他、大型テナントとしては雑貨店「東急ハンズ」、ファストファッションの「H&M」、「ZARA」、「ユニクロ」、スポーツ用品の「スーパースポーツゼビオ」、複合遊技施設「ラウンドワン」などが出店する。

「ららシティ」、商業以外に住居・病院など都市機能集約

三井不動産が手がける再開発地区「ららシティ湘南平塚」には、約18.2haの広大な敷地の中に商業(ららぽーと)、住宅、医療・福祉、工業といった多様な都市機能が集約される。
このうち住宅地区には185戸のマンション「パークホームズ LaLa湘南平塚」(2017年3月完成予定)と、166戸の一戸建て住宅「ファインコート LaLa湘南平塚」が開発される。image建設中の「パークホームズLaLa湘南平塚」。

また、医療・福祉地区には社会福祉法人恩賜財団済生会平塚病院を事業者とする新病院が建築中で、完成時にはららぽーとを中心とした一つの「コンパクトシティ」が平塚の地に築かれることとなる。
なお、以前より同地に立地していた日産車体湘南工場は、ららシティの「工業地区」として引き続き操業を続ける。

ららぽーと湘南平塚

住所:神奈川県平塚市天沼10-1
営業時間:10時~21時(レストラン街は22時まで)

外部リンク:快適なデザイン空間に“集い”“つながり”をテーマにした247店舗 「三井ショッピングパーク ららぽーと湘南平塚」10月6日(木)グランドオープン 大規模複合開発による新たな街が誕生 タウン名称を「ららシティ湘南平塚」に決定
関連記事:ららぽーと立川立飛、12月10日開業
関連記事:ららぽーとエキスポシティ11月19日開業 – エキスポランド跡地

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【うきうきサマーキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル