ゆめタウン南行橋、2016年12月開店-旧丸和・サンパル跡

イズミは、JR南行橋駅近くの国道10号線沿いに「ゆめタウン南行橋」を出店する。
追記:12月15日にグランドオープンすることが発表された。
P1070324-
「ゆめタウン南行橋」となる旧・サンパル行橋。

旧・丸和サンパル行橋、イズミグループが再生へ

ゆめタウン南行橋が出店するのは、2015年11月に閉店した「丸和サンパル行橋ショッピングセンター」跡。
丸和サンパル行橋ショッピングセンターは1995年11月に開店。売場面積は12,434㎡で、建物は丸和が所有していた。
核店舗の丸和は、2006年に行橋市初の高級スーパー「ラ・パレット」業態に転換。また、館内には数多くの専門店も入居していた。
しかし、近年はドラッグストアなどとの競争激化に加えて、2011年には店舗のすぐそばにトライアルが開店。丸和の業績悪化・経営再建、イズミグループ入りなどを経て、不採算店舗として2015年11月で閉店していた。
サンパルにはメガネの正視堂、ステップワン、ドラッグコーエイ、ナフコなどのテナントが出店していたが、2016年9月現在はナフコ(家具売場)のみが営業を行っている。

自社内競合抱えるイズミ、サンパルのイメージ一新できるか

行橋市内には1997年に開店した京築地区最大の大型店「ゆめタウン行橋」(売場面積29,500㎡)があるほか、近隣には旧・スーパー大栄の店舗を継承したゆめマートが複数営業している。
ゆめタウン南行橋は開店早々自社内競合を多く抱えることになるが、その一方で、ゆめタウン南行橋は国道10号線に面しており交通の便が非常にいいうえ、これ以南には大分県中津市まで大型ショッピングセンターが存在していないため、グループ企業となった丸和の大型物件処理には、自社の力で再生・ゆめタウン化し、以前よりも広域集客を目指すことが最適であるという判断に至ったと考えられる。
p1070383
ゆめタウン行橋。

サンパル行橋は、丸和の「ラ・パレット」化後は丸和の経営悪化もあり店内改装も十分に行われておらず、近年は陳腐化・老朽化が否めなかった。
「ゆめタウン南行橋」化後は、以前のイメージを一新し、新しいショッピングセンターとして生まれ変わることができるかどうかで、成否が分かれるであろう。

追記:ゆめタウン南行橋・テナント一覧
  • イズミ・ゆめタウン(総合スーパー)
  • マツモトキヨシ(ドラッグストア)
  • 明林堂書店(書店)
  • ナフコ(ホームファニシング・家具、雑貨)
  • キャンドゥ(100円ショップ)
  • ステップワン(婦人服)
  • ロハス(靴)
  • ハルヤ(クリーニング)
  • プリュ(美容室)
  • さかい(花店)
  • 茶の喜(銘茶)
  • とっぽ家(串焼き)
  • たこ一番(たこ焼き)
  • からあげ番長(唐揚げ)
  • ATM(福銀・西銀)
  • 宝くじコーナー

1482155967455

外部リンク:ゆめタウン南行橋  会社説明会・面談会ご予約ページ
関連記事:行橋駅前通り商店街、歩道拡幅へ
関連記事:サニーサイドモール小倉、9月15日開業

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【春・新生活わくわくキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル