さいか屋川崎店、5月31日閉店-跡地未定のまま

川崎駅東口の百貨店「さいか屋川崎店」が5月31日で閉店する。

川崎に60年、唯一の大型百貨店が消える

さいか屋は1867年に横須賀で創業した呉服店系百貨店。東証2部上場、現在の筆頭株主は京浜急行電鉄。
さいか屋川崎店は1956年の開店で、売場面積は約21,000㎡だった。リーマンショック後の経営再建の過程で、固定資産税などの軽減のため2009年に店舗ビルを投資ファンドに売却、その後も賃借入居して営業を続ける方針であったが、投資ファンドと条件が合わず、建物賃借を延長できなかった。
P1130097
閉店セール中のさいか屋川崎店。

閉店を控え、店内は閉店を惜しむ多くの買い物客で賑わっており、1階では川崎の町や店舗の移り変わりをパネルで紹介。
閉店記念絵葉書も販売されている。
P1130245
店内では写真展も。

川崎駅東口にはかつて「小美屋(現在のさくら野百貨店)」、「岡田屋」、「川崎西武」、「さいか屋」などの百貨店があったが、小美屋、西武は既に閉店、岡田屋モアーズは複合商業ビルに業態転換しており、さいか屋の閉店で全ての百貨店が姿を消す。
さいか屋の閉店により、川崎市の百貨店は「西武そごう武蔵小杉」のみとなる。

小型店として生まれ変わるさいか屋-跡地は未定

なお、さいか屋は6月3日より川崎日航ホテル3階にサテライトショップを開設する。
売場面積は約260㎡で、コンビニエンスストアほどの大きさ。
横須賀店、藤沢店、町田ジョルナ店の3店は今後も営業を続ける。

さいか屋川崎店の跡地について、投資ファンド側は活用方針を発表していない。なお、さいか屋は2014年にも町田店の建物を投資ファンドへ売却している。

外部リンク:さいか屋

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加