【熊本地震】イズミゆめタウン、熊本県に10億円を寄附-募金1330万円と合わせて

「ゆめタウン」「ゆめマート」を展開する「イズミ」(広島市東区)は、震災復興支援のために熊本県に10億円を寄付することを発表した。
IMG_8185-のコピー
営業できない状態が続くゆめタウンサンピアン。

募金1330万円に加えて10億円寄附

イズミの山西泰明社長は、17日に熊本県庁を訪問し、店舗で集めた募金13,301,299円に加えて熊本地震の支援金として10億円の目録を蒲島熊本県知事に手渡した。10億円は創業家とイズミグループの売上金などから支出する。

イズミは熊本県内でゆめタウン・ゆめマート合わせて33店舗を展開。
地震で多くの店舗に甚大な被害が出ており、現在もゆめタウンはません、ゆめタウンサンピアン、ゆめマート帯山、ゆめマート長嶺、ゆめマート九品寺(いずれも熊本市)の5店舗が休業中。ゆめタウン光の森(菊陽町)、ゆめタウン八代(八代市)、ゆめタウン別府(大分県別府市)などでは現在も店舗設備の修復を行いながら営業を続けている。
IMG_20160418_115324-2
エスカレータが損傷した店舗(ゆめタウン別府)。

ゆめマートについては6月中には全店営業を再開する見込みだが、 旧ニコニコドー店舗であるゆめタウン2店については被害が非常に甚大で、復旧の目途が立っていない。イズミが震災による店舗閉鎖で失った売上は最終的に100億円を超えるとみられる。 
このほか、イズミでは5月20日~22日まで「がんばろう 熊本・大分!応援セール」を開催するなどして被災地支援に努めるとしている。

外部リンク: 『平成28 年熊本地震』イズミグループ被災状況のご報告と
義援金・支援金のお届けについて(イズミ)
関連記事:【熊本地震、主な営業休止商業施設の状況】 (随時更新)
関連記事:マルショク、熊本地震でサンリブ3店舗を解体-再開は未定 

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【春・新生活わくわくキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル