ダイエー、3月30日までに110店舗の「イオン化」完了-9県のみで展開するローカルスーパーに

3月1日より行われてきたダイエーの「旗艦店級」総合スーパー28店舗のイオンへの経営譲渡とそれに伴う改装が完了し、3月30日までに全ての店舗が「イオン化」されて新たなスタートを切った。
昨年末のイオン譲渡・改装店舗を合わせると、ダイエー110店舗がイオンの店舗へと生まれ変わったことになる。
aeon_kyobashi1-
3月10日に転換したイオン京橋店(大阪市)。

ダイエー、半年間で約4割の店舗をイオンに譲渡

イオンでは、ダイエーの子会社化に伴い、2018年までにダイエー・グルメシティ全店舗をイオン化する方針を発表していた。
それに先駆けて、2015年9月には北海道、中部、九州地方のダイエー全店舗がイオンに経営譲渡され、12月までに改装を終えていた。
今回のイオン転換店と合わせると、約半年間でダイエーからイオンに経営譲渡され、イオンの店舗に転換・改装された店舗は110店舗となり、ダイエー全店の約4割にあたる規模。
これらの店舗ではイオンへの店舗譲渡と共にダイエー時代に行っていたセールやダイエーネットスーパーへの対応など一部のサービスが廃止となっているが、ダイエーのポイントカード「ハートポイントカード」については当面使用可能となっている。
1455049596383-1
9月に転換したイオン麻生店(札幌市)。

daieitomio1-
イオンへの改装に合わせてテナント入れ替えも行われた。
旧ダイエー富雄店(奈良市)。

ダイエーは9県のみで展開するローカルスーパーに

かつては47都道府県の全てと中国、ハワイに店舗があったダイエーだが、3月30日以降は9都府県での営業となり、東京都と大阪府の周辺のみで主に中小規模の店舗を運営する“ローカルスーパー”となってしまった。
なお、ダイエー大型店のうち、昨年イオンが「ダイエー」の店舗のまま大規模改装を行なったダイエー赤羽店(東京都北区)、ダイエーいちかわコルトンプラザ(市川市)、ダイエー神戸三宮店(神戸市、事実上のダイエー本店)は、2016年3月現在イオンへの経営譲渡を行っていない。
1458055577412-1
元プランタン百貨店の甲子園店も3月からイオンに。

生き残り策を模索するダイエー、改装と小型店出店進める

ダイエーは大型店をイオンに経営譲渡する一方で、現在残された中小店舗の改装を進めており、グルメシティ店舗を中心に大規模な改装を実施、ディスカウントスーパー「ビッグエー」や、「ダイエー」への転換を進めている。
ダイエー側は、残された店舗の改装とビッグ・エーの新規出店を進めることで生き残り策を模索、さらにはダイエーやビッグエー業態・屋号の存続も図りたい考えがあるとみられる。
P1000372--1
昨年9月に全面改装されたダイエー小石川店。

2016年3月中にイオンに譲渡・改装されたダイエー
  • ダイエー仙台店(宮城県仙台市)
  • ダイエー所沢店(埼玉県所沢市)
  • ダイエー南越谷店(埼玉県越谷市)
  • ダイエー東鷲宮店(埼玉県久喜市)
  • ダイエー北本店(埼玉県北本市)
  • ダイエー南行徳店(千葉県市川市)
  • ダイエー新浦安店(千葉県浦安市)
  • ダイエー長浦店(千葉県袖ケ浦市)
  • ダイエー千葉長沼店(千葉県千葉市)
  • ダイエー赤羽北本通り店(東京都北区)
  • ダイエー練馬店(東京都練馬区)
  • ダイエー伊勢原店(神奈川県伊勢原市)
  • ダイエー戸塚店(神奈川県横浜市)
  • ダイエー金沢八景店(神奈川県横浜市)
  • ダイエー東戸塚店(神奈川県横浜市)
  • ダイエー横須賀店(神奈川県横須賀市)
  • ダイエー大月店(山梨県大月市)
  • ダイエー京橋店(大阪府大阪市)
  • ダイエー長吉店(大阪府大阪市)
  • ダイエー金剛店(大阪府大阪狭山市)
  • ダイエー古川橋駅前店(大阪府門真市)
  • ダイエー吹田店(大阪府吹田市)
  • ダイエー西宮店(兵庫県西宮市)
  • ダイエー甲子園店(兵庫県西宮市)
  • ダイエー藤原台店(兵庫県神戸市)
  • ダイエー三田店(兵庫県三田市)
  • ダイエー竜野店(兵庫県たつの市)
  • ダイエー富雄店(奈良県奈良市)

閉店セール中の碑文谷店、4月3日で殆どの売場閉鎖

一方で、今年末からイオンのショッピングセンターとして営業を行うために5月で閉店する「ダイエー碑文谷店」は、4月3日までに殆どのフロアでの営業を終了。ドムドムハンバーガーなど多くのテナントも同日までの営業となる。1階、2階は5月5日まで営業を続ける。
P1000436s
ダイエー碑文谷店。

カラーミーショップ

ダイエー碑文谷店跡のビルは、2016年11月からイオンリテールが新たに賃貸契約を結ぶことになっており、内外装を一新した上で、2016年12月ごろから「イオンスタイルストア碑文谷店」(仮称)を核としたイオンのショッピングセンターとして営業を行うとみられている。
詳細はこちら:ダイエー碑文谷店、5月5日閉店-閉店セール始まる

外部リンク:店舗移管のお知らせ(ダイエー)
関連記事:ダイエー「旗艦店級」28店舗、3月1日からイオンに転換
関連記事:ダイエー碑文谷店、2016年5月ごろ閉店へ
関連記事:2016年度に閉店予定の主な商業施設

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【うきうきサマーキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル