BiVi日出、6月1日開業-JR暘谷駅前

大分県日出町のJR暘谷駅前に建設されている複合商業施設「BiVi日出」が6月1日に開業する。

JR暘谷駅前、ベッドタウン地域の新たな核に

「BiVi」は大和リースが運営する都市型商業施設で、仙台、東京、京都、福岡などで展開している。
「BiVi日出」はJR暘谷駅前の日出暘谷高校跡(大神駅前に移転)に立地。同敷地の隣接区画にはケーズデンキも出店し、既に営業中。
日出町は近接する別府市、大分市のベッドタウンとして人口増加が続いている。 P1130844---1-- BiVi日出。建設工事は最終段階。

核店舗はトキハインダストリー、公共施設も入居

1階の核テナントは百貨店系スーパー「トキハインダストリー」。 線路を挟んで隣接する旧店舗は既に閉店しており、移店作業中。
そのほか、主な物販店としては「セリア」(100円ショップ・トキハ内)、「マツモトキヨシ」(ドラッグストア)、「味楽亭」(中華レストラン)、「ポッポおじさん」(唐揚店)など。
2階は公共施設となっており、「日出町立図書館」、「日出町交流ひろばHiCaLi」、そして多目的スペースも設置される。
また、2階公共エリアには、テナント募集中の飲食店スペースがある。建物は 2階建で、延床面積は8,641㎡。
なお、2017年ごろにはBiVi日出と隣接する形でJR暘谷駅の駅前広場が整備される予定。
現在、BiVi日出では開店準備が急ピッチで進められている。
トキハインダストリーは5月31日にプレオープン。
グランドオープンは6月1日朝9時。
そのほかのテナントや公共施設は7月末までに順次開業する予定。

外部リンク:BiVi日出
新しい記事はこちら:BiVi日出、核店舗のトキハインダストリー開店

大分あるある
稼ぐまちが地方を変える-誰も言わなかった10の鉄則(NHK出版新書)

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加