「香林坊109」閉店へ-東急スクエア化、4月に業態転換

金沢市のファッションビル「香林坊109(KOHRINBO109)」が業態転換のために閉店し、4月末から「香林坊東急スクエア(仮称)」となることが分かった。

金沢から消える「109」-地方一号店

「109」は東急グループが展開する若者向けファッションビルで、首都圏以外では静岡、金沢香林坊、大阪阿倍野、鹿児島中央駅に出店している。
また「東急スクエア」は食品、雑貨などを含めた幅広い品揃えが特徴で、八王子、田園調布、武蔵小杉、横浜青葉台に出店。地方出店は初となる。
musako
東急スクエアの店舗(武蔵小杉)。

香林坊109は1985年9月に北陸随一の繁華街である金沢市香林坊に開業。109の地方初出店として注目を集めた。売場面積は約7,700㎡。
翌年には、向かいに大和デパートを核とした商業施設「香林坊アトリオ」も開業している。
しかし、「109」という業態は「10~30代までの若者向け」というイメージが強く、「大人向けの商業施設」として生まれ変わるために全館を改装、複合商業ビル「東急スクエア」へと業態転換することになったという。1454561128100-
香林坊109。

内外装も「大人向け」に

香林坊109では、既に1月より1階2階の大部分を閉鎖中。
他フロアも改装を行うために順次閉店し、4月末に「香林坊東急スクエア」として1~2階を中心として先行開業、秋までに全フロアでの営業を開始する予定。
テナントも大幅に入れ替え、テナント数は現在の半分程度となる予定。
地階は全床が書店「うつのみや」となるほか、「ユナイテッドアローズ」も新たに出店。また、内外装も、金沢の街並みに合わせた大人向けの落ち着いたものに変更する。

消える若者向けブランド

一方で、北陸唯一だった「若者向け商業施設」の撤退は周辺の商業施設にも大きな影響を与えそうだ。
北陸地区では「香林坊109」のみに出店している人気ブランドも少なくない一方で、「セシルマクビー」や「リズリサ」のように、閉店後の移転先を発表していない店舗も多い。
それらの店舗は競合関係にあった金沢駅前の「イオン金沢フォーラス」や、周辺のイオンモールなどへの移転も考えられるが、多くが北陸地区から完全撤退することも予想される。

2016年4月追記:東急スクエアは4月28日に開店すると発表された。

外部リンク:KOHRINBO109

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【Xmasカミングキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加