小田原アプリの核「ロピア・ユータカラヤ小田原店」1月31日閉店

新しい記事はこちら:小田原アプリ、8月末に閉館へ-旧小田原ビブレ 

神奈川県小田原市の都市型ショッピングセンター「小田原アプリ」の核テナント「ロピア・ユータカラヤ小田原店」が1月31日をもって閉店する。
apri_odawara_genkan
小田原アプリ。

小田原駅前を代表する商業ビル、核店舗喪失

小田原アプリは1972年、小田原駅から徒歩5分ほどのダイヤ街商店街に「ニチイ小田原店」として開業。1992年にはファッションビル「小田原ビブレ」に業態転換したもの、施設を運営していたマイカルの経営悪化に伴い1999年撤退。
施設を保有する小田原ショッピングデパートによる改装を経て、2000年に現在の「アプリ小田原」として再開業した。
ロピアの他にも「タワーレコード」、「島村楽器」、「アニメイト」などの専門店が入居しており、小田原駅前を代表する大型商業施設となっている。

ロピア・ユータカラヤ小田原店。

ロピア(旧・ユータカラヤ)は1971年、神奈川県藤沢市に食肉専門店として創業。「新鮮大売」を掲げる地域密着型の食品スーパーとして営業していたが、2009年に新業態「ロピア」の1号店となる藤沢店を開店して以降、神奈川県外への積極的な出店を開始。
港北東急S.C.(2011年開店)や、ららぽーとTOKYO-BAY店(2013年開店)への進出で知名度を伸ばしている。

後継店舗は未定-隣接する西友も撤退へ

ロピア・ユータカラヤ小田原店の閉店発表以降、店頭では小田原市郊外にある「ロピアモール小田原高田店」の利用を薦めているが、アプリ地階の後継テナントは未だ発表されていない。
近隣には西友小田原EPO店や長崎屋ドン・キホーテ小田原店などの大型スーパーが出店しているが、西友も撤退を表明しており、小田原駅前の核店舗が相次いで閉店することになる。

外部リンク:株式会社 ロピア【ユータカラヤは新しくロピアに生まれ変わりました。】
外部リンク:小田原アプリ | Odawara APRI
関連記事西友小田原EPO店、3月31日閉店 – 一部専門店は営業継続

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【うきうきサマーキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル