姫路フォーラス跡、不動産会社が購入へ-跡地はマンションか

1月31日で閉店する姫路駅前のファッションビル「イオン姫路フォーラス」の跡地が売却されることが分かった。
P1100549
イオン姫路フォーラス。

建物は解体、跡地はマンションか?

神戸新聞の報道によると、跡地を購入するのは大阪市の不動産会社「都市環境開発」。
姫路フォーラスは1971年に「ジャスコ姫路店」として開店。西館・東館の2館体制で、現在はイオンとエミス(旧「山陽企業」、西館7階の映画館「シネパレス山陽座」を運営)が所有しているが、「都市環境開発」は2館ともに購入する。
建物は1971年築で、老朽化が進んでいるために解体し、跡地にはマンションを建設することが検討されているという。

JR姫路駅前ではファッションビルの出店が相次いでおり、2013年にピオレ姫路が、2015年には映画館を備えた姫路テラッソが開店しているほか、山陽百貨店も大規模改装を実施している。
P1060484
ピオレ姫路。

外部リンク:姫路フォーラス
外部リンク:シネパレス山陽座
外部リンク:都市環境開発
関連記事:イオン姫路フォーラス、1月閉店へ

【PR】【PR】アンケートに答えて当てよう!
【うきうきサマーキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル