大丸心斎橋店で「回顧展」を開催

大丸心斎橋店(しんさいばしみせ、大阪市中央区)の建て替えを前に、12月2日より大丸心斎橋店7階特設会場で「大丸心斎橋店回顧展」が開催されている。
IMG_1040--3-の縮小
大丸心斎橋店。

大丸心斎橋店は1729年に開店。現在の本館はアメリカ人建築家のウィリアム=ヴォーリズの設計で、1933年に完成したもの。
会場には、本館の新築時に使用された設計図面やデザイン画、石膏模型に加え、過去の大丸心斎橋店のポスターや、江戸時代の店舗を再現した模型も展示されている。展示物のうち、大丸が所蔵するものの多くは撮影可能となっている。
daimarukaiko3s
江戸時代の店舗を再現した模型。

daimarukaiko2
かつての店舗の写真なども。

回顧展は本館が閉店する30日まで開催される。入場は無料。
なお、新店舗は2019年に完成する予定で、下層階には現在の店舗の内外装の一部が復元されることになっている。

外部リンク:大丸心斎橋店 回顧展(大丸)
関連記事:大丸心斎橋店本館、建て替えのため2016年に解体へ
(取材協力:デパート通信)

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加