大分駅周辺の大型店と商店街が史上初の合同初売り-1月1日から

JR大分駅周辺の大型店、商店街が合同で初売りバーゲン「THEまちなかバーゲン申年」を開催する。
P1160290-
大分市の中心商店街(セントポルタ中央町)。

史上初の合同初売り

合同バーゲンに参加するのは百貨店「トキハ本店」、駅ビル「JRおおいたシティ」、ファッションビル「イオン大分フォーラス」の大型店3店舗と、「セントポルタ中央町」、「ガレリア竹町」、「府内5番街(若松通り)」、「ふないサンサン通り」、「ふないポルトソール通り」の5商店街。
各商業施設と中心商店街が合同で初売りを開催するのは史上初のこと。
1661593_1645075365752780_4621627483032929017_n
府内町3商店街の告知ポスター。(公式フェイスブックより引用)

初売りの開催は、「JRおおいたシティ」、「イオン大分フォーラス」が1日から、「トキハ本店」と各商店街が2日からとなっており、中心商店街では2日に餅つき・餅まきを行うなど、様々なイベントも開催される。
大分駅
JRおおいたシティ。

駅ビル開業で生まれた一体感

今回の合同初売りは、駅ビル開業を機に今夏に実施した合同サマーバーゲンが大きな効果を上げたために実施することになったもの。
大分市の中心商店街はJR大分駅前に広がっており、駅ビル開業による相乗効果が生まれている。
駅ビルは開業半年で1400万人を集客したほか、「トキハ本店」は、 駅ビル開業に備えた改装が好評で、特に地階の食品売場は前年比約7%の売上で推移。
駅に繋がる中心商店街のセントポルタ中央町では、空き店舗が殆ど解消されたほか、 地価も24年ぶりに上昇に転じた。駅から徒歩10分ほどの距離にある歓楽街の都町の地価も上昇している。
tokiwa
改装したトキハ本店の地階。

外部リンク:おおいた街なかNavi(face book)

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【春・新生活わくわくキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル