大分駅ビル「JRおおいたシティ」4月16日開業-21階建、屋上庭園も

JR大分駅の新しい駅ビル「JRおおいたシティ」が2015年4月15日にプレオープンし、翌16日にはグランドオープンを迎えた。 大分駅 JRおおいたシティ。

21階建て、半分以上の店舗が大分初出店

JRおおいたシティは21階建、全183店舗のうち109店舗が大分県初出店。 シネマコンプレックスやホテル、温浴施設も備える。
屋上庭園は日本最大級で、ミニトレインや遊具も備えるほか、かつて大分駅前にあった楠で造られた鐡道神社も設置されている。
P1120284縮小
屋上庭園とJR九州ホテルブラッサム大分。

P1120239-
鐡道神社の仲見世。

P1120098-
大分駅コンコース。ここは高架開業時から供用されていた。

歓迎ムードの中心市街地、涙を流す客も

JR大分駅は大分市中心部に立地しており、周辺の商店街や百貨店も歓迎ムード一色となった。
これまでの大分駅からは想像できなかったほどの規模であり、開業初日はあまりに巨大で豪華な駅ビルを目の当たりにした感動で涙を流す客も見られた。
また、駅ビルの総合デザインを担当した水戸岡鋭治氏も来館した。
P1120391-
館内のフードコート。

外部リンク:JRおおいたシティ

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【春・新生活わくわくキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル