アピタ石下店が閉店-常総水害で損壊

茨城県常総市のショッピングセンター「アピタ石下店」が12月6日に閉店した。
1449490029449-
アピタ石下店。

復興の象徴にはなれなかったアピタ

アピタ石下店は1999年にオープン。2階建てで、売場面積は約13,500㎡。核店舗の総合スーパー「ユニー・アピタ」のほかに、30店舗弱の専門店が入居していた。
1449490027775-
水害でフェンスが倒れたままとなっている。

2015年9月10日の常総水害(関東東北豪雨)では、店舗1階が完全浸水し、2階と屋上に多くの買い物客や避難者が取り残された。
その後、仮設テント売場を経て10月1日に2階のみで仮営業を再開したものの、1階の損傷が大きく、多額の復旧費用がかかるために閉店を決めた。
建物を所有するユニーは、跡地の利用方法などについてまだ発表をしていない。

周辺では水害からの復旧が進んでいる。
関東鉄道常総線は10月10日に全線での営業を再開したほか、アピタに隣接するコメリも営業を再開。また、近隣にあるエコス石下店は、系列の「たいらや」に転換し、11月27日に営業を再開した。
1449490235039-
営業を再開したコメリ石下店。

外部リンク:アピタ石下店

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【春・新生活わくわくキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル