大名古屋ビルヂング竣工-伊勢丹出店、来春グランドオープン

三菱地所はJR名古屋駅前に立地する大型複合ビル「大名古屋ビルヂング」の建て替え工事が10月末に完成したと発表した。

名駅前のシンボルが復活!

大名古屋ビルヂングは、1965年に竣工し長年に亘って名古屋駅前のシンボルとして市民に親しまれてきた同名のビルを建て替えたもので、2013年より工事が行われてきた。
dainagoya1
大名古屋ビルヂング。

新しい大名古屋ビルヂングは地上34階建、地下4階建てで、高さは約175メートル。
名古屋駅前の新たなシンボルとして「50年、100年と親しまれるビルを目指した(三菱地所)」という。
ビル内は大きく分けて、地階~5階の「大名古屋ビル Shops & Restaurants」、7階~16階の「大名古屋ビル Lifestyle & Services」、17階~34階の「オフィスエリア」に分けられる(6階は機械室など)。
dainagoya
大名古屋ビルヂングフロア構成(三菱地所ウェブサイトより引用)

このうち17階以上のオフィス部分の入居は11月より開始されているほか、金融機関・保険会社・クリニックなどを集約した7階~16階の「大名古屋ビル Lifestyle & Services」の店舗も今月中に一部が開業する。
また、地階から5階までに展開される商業施設「大名古屋ビル Shops & Restaurants」は来春に開業する予定で、来春のグランドオープンに向けて工事が進んでいる。
商業施設の核は伊勢丹で、中規模セレクトショップ「イセタンハウス」として出店。名古屋市内には系列企業の三越の店舗はあるものの、伊勢丹としては名古屋初出店となる。
isetanhaus1
「イセタンハウス」ロゴ。

 

名古屋駅前では複数の大規模な再開発が進んでおり、隣接地には2016年中に日本郵便が「JPタワー名古屋/KITTE名古屋」を開業させる予定となっている。
JPnagoya
建設中のJPタワー名古屋。

外部リンク:大名古屋ビルヂング竣工(三菱地所)
外部リンク:中型ファッションセレクトストア<イセタンハウス>「大名古屋ビルヂング」に2016年3月オープン(三越伊勢丹)

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【夏を先取り!ゴールデンキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル