流通科学大学「流通資料館」リニューアル – 中内功氏没10年で

2015年9月19日、ダイエー創業者の故・中内功氏が没10年を迎えた。それを記念し、神戸市西区学園都市の流通科学大学「流通資料館」がリニューアルオープンした。

9月19日は午前8時45分から記念セレモニーが実施され、業界関係者や学園関係者による式辞や祝辞、テープカットが執り行われた。学内には献花台も設けられ来場者は自由に献花できたほか、ウェブ献花も実施された。
umds_nakauchi_kenka
献花会場。

流通科学大学は、流通業界の革命児と評されたダイエーグループ会長(当時)中内功氏により1988年創立。流通を科学的に研究する日本初の大学として産学連携を推進し、ローソン実習店の学内設置など実践的な取り組みがなされたほか、学内には流通資料館も設置された。

流通資料館は中内コレクション(現・キャッシュレジスター博物館)とともに2006年9月に開設されたが、改修のため5年以上一般開放され
ていなかった。館内には、ダイエーグループの年表やプライベートブランド商品、制服、チラシや販促品といった営業資料や、約3000本の映像資料が保管されているほか、復元されたダイエー1号店(大阪市千林)のファザードもある。
umds_ryutsukinenkan
流通資料館。

流通資料館、中内功記念館ともに平日午前9時から午後6時まで開館。
見学するには2週間前までの事前予約が必要。
(担当記者:H)
 
写真提供:デパート通信

※中内功氏の「功」は正しくは「㓛」。

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【夏を先取り!ゴールデンキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル