JRおおいたシティ、4ヶ月で来館者1000万人突破

「JR九州」と「JR大分シティ」は、大分駅の商業施設「アミュプラザおおいた」の来館者が8月14日に1,000万人を突破したと発表した。
 1日当たりの平均来館者は、平日は約63,000人、土日休日は約111,000人。
大分駅
JR大分駅・JRおおいたシティ。

アミュプラザ大分の開業は今年4月16日。1年目の目標来館数は1,100万人であったが、開業から僅か4ヶ月強の8月末で年間目標を達成する見込みとなっている。
P1120391-
混雑する館内(3階)。

P1120284縮小
屋上庭園も人気となっている。

JR大分駅は大分市の中心商店街に隣接しており、大分市街地の集客の要としても大きく期待されている。
アミュプラザ大分では来店1000万人を記念し、8月22日10時から1階インフォメーション横の特設カウンターに於いて先着1000人に記念菓子を配布する予定。
P1120148-1-
JRおおいたシティ開業を祝福するトキハ百貨店本店。

外部リンク:アミュプラザおおいた ご来店客数1000万人突破のお知らせ(JR九州)

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加