リウボウグループ、5月12日より百貨店初となるTポイント導入

沖縄県の地場流通大手「リウボウグループ」は、2015年5月12日よりカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)によるポイントシステム「Tポイント」の導入を開始した。

楽天Rポイントが大丸松坂屋百貨店と提携した例はあるが、Tポイントへの百貨店加盟は同社が初めて。リウボウ
デパートリウボウ。

「Tポイント」百貨店初導入、5月12日から

Tポイントは5月12日よりグループの百貨店「リウボウ」、食品スーパー「リウボウ食品館」「りうぼう」、国際通りの複合型施設「ハピナハ(旧沖縄三越)」、雑貨専門店「無印良品(リウボウ店・天久店・西原シティ店)」などで利用可能となる。
Tポイントは2007年から系列のコンビニ「沖縄ファミリーマート」にて採用していたが、今回の提携でグループ全体にサービスを拡大させる形となる。今後は百貨店友の会会員向けTポイント優遇サービス実施などグループメリットを最大限活かしていく。

リウボウは昨年度より本店や旧沖縄三越からの継承施設2店舗の全館改装やサイトの一新などの施策を推し進めており、今回のTポイント導入も経営改革の一環と見られる。

外部リンク:リウボウグループ、5月12日(火)からTポイントサービスを開始

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【Lucky Xmasキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル