新たな再開発始まる秋葉原-駅東側・昌平橋ビル・石丸跡

JR秋葉原駅の周辺で3つの新たな大規模再開発計画が進行している。
P1000365-縮小
万世橋交差点。

秋葉原駅東口に超高層ビル

1つは秋葉原駅中央口向かい(東側)、ヨドバシカメラの北側にあたる神田練塀町(ねりべいちょう)。
現在は日本通運などがあるが、ここには住友不動産が事業主体となり高さ112メートルの高層ビルが建設されることになった。秋葉原練塀町再開発地5-縮小
秋葉原駅東側(練塀町)の再開発地区。

再開発ビルの下層階は商業施設と事務所、高層階は住宅(34世帯)となる予定。
駅前であることから南側(ヨドバシ寄り)には公共広場を整備、区道の付け替えと電線の地中化も行い、景観に配慮する。
総事業費は222億円、2018年10月の竣工を予定している。 
20p6m400_04-
練塀町再開発ビルの完成予想図。

昌平橋ビル解体、再開発へ

そして、もう1つは昌平橋交差点東側、東京都住宅供給公社昌平橋ビルの再開発。
秋葉原昌平橋ビル5-縮小
昌平橋ビル。

昌平橋ビルはパセラリゾーツ(パームス、旧石丸電気2号館)やラジオ会館2号館(旧石丸電気レコード館)などがある昌平橋通りの大型ビル。
東京都住宅供給公社の物件であり、4階まではオフィス、 5~10階は公社賃貸住宅(42世帯)となっている。
アニメ「ラブライブ!」で矢澤にこさんの自宅となっていることでも有名。
P1160075-
左側にあるのが昌平橋ビル。©2013 プロジェクトラブライブ!

CCI20150722_00002-1のコピー1-1
 この昌平橋ビルは耐震性が低いと診断され、前の道路が緊急輸送道路であることから、2015年度末までに解体が開始されることとなった。解体後の活用方法はまだ未定。
公社物件であるために再開発には東京都が関与すると思われる。
企業事務所なども多く入居しているが、既に一部では退去が始まっている。
P1000330-1
神田川から見た昌平橋ビル。

ヤマギワ跡の解体も進む

また、外神田一丁目では現在解体中の石丸電気・ヤマギワ跡再開発計画も進行している。現在は三井住友建設により解体工事が進行中。
こちらについてはまだ具体的な計画は発表されていないが、好立地であるために高層ビルが建設される可能性も高い。
秋葉原石丸(右手)・ヤマギワ(左手)跡地-縮小
解体が進む石丸電気・ヤマギワ跡。

昨年はラジオ会館の再開発などが行われた秋葉原界隈。
今後も目が離せない地区となりそうだ。
P1010475-
2014年に再開発された新・ラジオ会館。

外部リンク:神田練塀町地区市街地再開発組合の設立認可について(東京都)
外部リンク:神田練塀町(かんだねりべいちょう)地区第一種市街地再開発事業(東京都都市整備局)

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加