Xp-3CWca-1

「片町きらら」9月18日開業-ロフトなど出店

金沢市中心部の「ラブロ片町」跡地周辺再開発によって生まれる複合商業施設「片町きらら」が9月18日に開業することが発表された。
vPl0EIZE-
建設が進む片町きらら。

「片町きらら」は北陸地方最大の繁華街である金沢市片町のスクランブル交差点前に立地。
江戸時代から栄えた金沢の中心であり、1923年に宮市百貨店(のちの大和百貨店)が創業した場所でもある。
大和百貨店が筆頭株主となり、地権者などが設立した「プロパティマネジメント片町」が運営する。総工費は約57億円。
「きらら」は「きらびやかだ」という意味の古語「煌らか」に由来している。
きらら
完成予想図。

cAC1YuFj-
かつてのラブロ片町。

「片町きらら」の核となるのは雑貨店「金沢ロフト」、ファストファッション「H&M」、結婚式場「アルカンシエル」で、いずれも石川県初出店。
そのほか、ファッション店、時計店、眼鏡店、レストランなど、16店舗が出店予定。「アルカンシエル」は来春の開業となる。ロフトは、金沢の女子学生でつくる「かなざわ娘」と共同で商品開発も行う。
店舗前には屋根つきの公共広場も設置され、バスを待つ客も利用することができる。
zxDaRUPq-
大きな屋根の下にはバス停が設置される予定。

一方、北陸地方では今夏に「イオンモール砺波」(砺波市)、「三井アウトレットパーク北陸小矢部」(小矢部市)、「コストコ射水倉庫店」(射水市)、「コストコ野々市倉庫店」(野々市市)などの郊外型大型店が相次いで開業。
また、金沢市中心部においても、新幹線が開業した金沢駅周辺の開発が進む一方で、旧来の中心商店街は観光客が増えているにも関わらず地価の下落が続いていた。

現在、金沢市中心部では大型店と中心商店街による共同販促が行われており、「片町きらら」が近隣大型店や商店街と協力して存在感を出していけるかどうかが、金沢市の中心市街地活性化への1つの鍵となるであろう。
-OdKQj3P-1
新天地商店街の古い町並みから。
(担当記者:W)
 
画像提供:金沢まちゲーションさん、はるひさん

「片町きらら」出店予定テナント
1階 
H&M(ファストファッション)
アネモネ(アクセサリー)
センス・オブ・プレイスbyアーバンリサーチ(ファッション・雑貨・カフェ)
ニューエラ(帽子)
デシグアル(ファッション・雑貨)
2階 
H&M(ファストファッション)
アスビー(靴)
アーク バイ グランブルー(ヘアサロン)
ティージーシー(眼鏡)
メゾンブルー(ファッション&雑貨)
ムーヴ(時計)
モントロンドシュシュ(ジュエリー)
サルヴァトーレ(イタリア料理)
ネイルモア(ネイルサロン)
ラフィネ(マッサージ・エステサロン)
3階
H&M(ファストファッション)
ロフト(雑貨)
4階・5階
アルカンシエル(結婚式場・レストラン)
この記事は「金沢まちゲーション」さんの協力で作成しました。

外部リンク:片町きらら(公式)
外部リンク:片町A地区再開発事業( 片町きらら )2015.7(金沢まちゲーション)
外部リンク:片町A地区市街地再開発組合

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【Lucky Xmasキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル