イズミ、ユアーズと丸和を傘下に

「ゆめタウン」などを展開する流通大手「イズミ」(広島市)は、中堅食品スーパー「ユアーズ」(広島県海田町)、「丸和」(北九州市)を買収し、傘下に収めることを発表した。
丸和は経営再建の過程で2011年にユアーズが買収していた。
P1020275-1-1
ユアーズ。

 P1030974まるわ-
丸和小倉本店。日本初の本格的スーパーマーケットの1つ。

両社は2015年9月に業務資本提携を結ぶ。
ユアーズが第三者割当増資を実施、イズミが増資分全額を引き受けて連結子会社化する予定。増資額などは今後決定する。

ユアーズは1979年創業。広島県内を中心に郊外型の中型スーパーや、岡山駅などには都市型の小型スーパーを、広島三越・岡山天満屋などには高級スーパー「アバンセ」を出店するほか、経営破綻した「アパンダ」(北九州市)の複数店舗も引き継いでいる。

丸和は1947年創業。日本初の本格的スーパーマーケットの1つとして知られ、24時間営業の開始も国内スーパー初であった。現在は福岡県と山口県に出店。食品スーパー中心ながら一部郊外型の総合スーパーやショッピングセンター「サンパル」、高級スーパー「ラ・パレット」も展開しているほか、ユアーズとともに経営破綻した「アパンダ」の店舗の多くも引き継いでいる。
丸和はかつて福岡証券取引所に上場していたが、2011年のユアーズからの買収に伴い上場廃止となった。
(担当記者:W)

外部リンク:株式会社ユアーズとの資本業務提携に向けた基本合意締結に関してのお知らせ(イズミ)
外部リンク:株式会社イズミとの資本業務提携に向けた基本合意締結に関するお知らせ(ユアーズ・丸和)

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加