印西ビッグホップ、核店舗の「スーパーマルエイ」6月20日撤退

千葉県印西市、印西牧の原駅前の大規模ショッピングセンター「BIG HOPガーデンモール」の核店舗であるスーパーマーケット「マルエイ印西牧の原店」が6月20日に閉店した。
P1120629-
ビッグホップガーデンモール。

「BIG HOPガーデンモール」は2007年にミキシングが運営するアウトレットモールとして開業。しかし、入居テナントの撤退が相次ぐとともに2008年には運営会社が経営破綻した。
一時は約半数が空きテナントとなっていたものの、住友系デベロッパーによる再構築が行われ、更に2013年より京阪電鉄系の京阪流通システムズが運営を引継ぎ、「マルエイ」、「パシオス」、「宮脇書店」、「キャンドゥ」、「ABCマート」などが入居するデイリーユースのショッピングセンターとして生まれ変わっていた。
その他にも屋内動物園や会員制遊園地など、個性的な店舗が入居している。
P1120633-
マルエイは中央部分に出店(1階左側がパシオス、マルエイ)。

京阪による運営引継後はテナントの多くが埋まった一方で、今年になって「タリーズコーヒー」、「サブウェイ」など大手テナントの撤退が相次いでいた。
跡地は今秋開店を目指して新たなスーパーの出店が予定されているが、集客力の高い食品売場の長期閉鎖は他のテナントにも大きな影響を与えるであろう。
(担当記者:W)

外部リンク:ビッグホップガーデンモール印西

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【夏を先取り!ゴールデンキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル