川崎ゼロゲート、2019年秋開業-パルコ、さいか屋跡に小型店

JR川崎駅前の百貨店「さいか屋川崎店」の跡地に、パルコの小型店「川崎ゼロゲート」が2019年初秋ごろ出店する。
P1130097
さいか屋川崎店。

駅前一等地だが更地となっていた「さいか屋川崎店」跡

さいか屋は1867年に創業した呉服店系百貨店。東証2部上場で、筆頭株主は京浜急行電鉄。
さいか屋川崎店は1956年に開店、地上8階、地下1階、売場面積20,884㎡。川崎店の土地・建物は固定資産税や維持管理費などの軽減のため2009年に投資ファンドに売却されており、さいか屋は賃借入居して営業を続ける方針であった。しかし投資ファンドと条件が合わず、建物賃借を延長できずに2015年5月31日を以て閉店、解体され、コインパーキングとなっていた。
その後、東京オリンピックや災害復興需要による建設費の高騰などのため、小規模の商業施設を暫定開業させる方向で調整が進んでいた。

パルコ、2フロアの小型店-今後も再開発の議論つづくか

川崎ゼロゲートが出店するのは、さいか屋川崎店跡地の大部分、約2,300㎡。
建物は2階建てで、延床面積は約3,400㎡。売場面積はさいか屋の1割強程度である2,000㎡台~3,000㎡弱になるとみられ、大きめの食品スーパー並みの規模となる。
建物は、さいか屋最末期に同店の建物を所有していた株式会社MM投資組合(川崎市)が建設する。

「川崎ゼロゲート」イメージ(ニュースリリースより)。

さいか屋の閉店から3年を経てようやく跡地再活用の目途が立ったといえども、ゼロゲートは2階建ての小型店であり、今後も再開発への議論は続くものと思われる。

ニュースリリース:「川崎ゼロゲート(仮称)」出店決定のお知らせ
関連記事:アトレ川崎、2月17日増床グランドオープン-「東急ハンズ」など96店出店

関連記事:丸井川崎店、2018年1月14日閉店-ルフロンの核店舗、売上8割減で
関連記事:さいか屋川崎店跡、当面は低層の商業施設に
関連記事:さいか屋川崎店、5月31日閉店-跡地未定のまま

【PR】アンケートに答えて商品券を当てよう!
【春の新生活応援キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加