ウメダフードホール、3月28日開業-阪急三番街北館地下2階を全面改装

阪急梅田駅の高架下で営業する商業施設「阪急三番街」北館地下2階が「UMEDA FOOD HALL」(ウメダフードホール)として3月28日にリニューアルオープンする。

UMEDA FOOD HALL。

全国初、関西初の18店舗が新規出店

阪急三番街」は阪急梅田駅の高架下に1969年11月開業。施設は地下2階〜地上2階を占める北館・南館の2館で構成され、売場面積は34,300㎡。阪急阪神ビルマネジメントが管理、運営を行う。
3月28日に開店するUMEDA FOOD HALLはコンセプトに「個性溢れる5つのゾーンで「食」を楽しめるワンランク上のダイニング」を掲げ、「バル」「美食」「お手軽」「スタミナフード」「スイーツ」など、利用客の様々な要望に対応可能な18店舗が新規出店する。

海鮮丼専門店や担々麺、うどんの人気店が並ぶ「お手軽ゾーン」。

SNS映えを意識したフォトジェニック寿司を提供する「大阪梅田 花火寿司」、煮込み料理メインの創作フレンチ専門店「ragoût」(ラグー)、自社生産米を使ったリゾット専門店「お米料理 リゾット☆スター」、心斎橋の韓国料理店「楽韓堂」が手掛けるオリエンタル韓流バル「Re:Ent楽韓堂」、香港スイーツ・石垣島チキンライス専門店「果香×ツル商店」、NY発祥のワンプレートディッシュやワイン・クラフトビールが売りの「NY STYLE DELI」など6店舗が全国初出店の新業態となる。
ヘルシーサラダやパンケーキ店が並ぶ「美食ゾーン」。

その他、メゾンカイザーの新業態「&COFFEE MAISON KAYSER」、名古屋みそかつ専門店「矢場とん」、関西発の人気ステーキハンバーグ店「1ポンドのステーキハンバーグタケル」、神戸・夙川の有名パンケーキ店の新ブランド「YORKYS Creperie/sucréuf」(ヨーキーズクレープリー/シュクレフ)など、関西初、梅田初の人気店が多数出店する。
ステーキ、みそかつ、台湾まぜそば専門店が並ぶ「スタミナフードゾーン」

飲食店街の競走が過熱する梅田エリア

阪急三番街は2016年以降段階的に改装を進めており、2017年4月には和をテーマにした専門店街「うめ茶小路」の新設や、かっぱ横丁からの古書店街「阪急古書のまち」の移転が行われた。
阪急三番街の周辺では、ルクア大阪が地下2階飲食街「バルチカ」の第1期増床を2017年12月に終えたばかりであり、2018年にはルクア大阪地下2階第2期増床(ルクアフードホール)や阪神百貨店梅田本店の立ち食いスペース「スナックパーク」の営業再開、阪急かっぱ横丁のリニューアル(旧・阪急古書のまち跡)が予定されるなど、梅田エリアの飲食街間競争が更なる加熱をみせるだろう。
(イメージイラストはニュースリリースより)

外部リンク:阪急三番街に新しい飲食エリアが誕生! UMEDA FOOD HALL 3月28日(水)にオープン 約1,000席で全18店舗。昼も夜も楽しめる新たな「食」の空間をご体験ください。
関連記事:バルチカ、12月19日増床リニューアル-ルクア地下2階、2018年春に「阪急オアシス」も出店へ
関連記事:うめきた地下道、12月19日閉鎖-梅田のレトロ地下道、90年の歴史に幕
関連記事:ヨドバシ梅田とJR大阪駅、「架橋」で6月30日接続-愛称は「淀橋」
関連記事:タイトーステーション梅三小路店、5月26日開店-ソフマップ跡に歴代”電車でGO”集結
関連記事:阪急梅田駅高架下「阪急三番街」4月27日リニューアル-古書のまちも移転
関連記事:ルクア・伊勢丹食品館「フードホール」、営業最終日賑わう-1月26日で閉店に

【PR】アンケートに答えて商品券を当てよう!
【春の新生活応援キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加