コロワ甲子園、2018年5月ごろ開店-旧・ダイエー甲子園店

2017年10月に閉店した「イオン甲子園店」(旧・ダイエー甲子園店)が、2018年のゴールデンウィークを目途にイオンを核としたショッピングセンター「コロワ甲子園」(Corowa)としてリニューアルオープンする。

コロワ甲子園(ニュースリリースより)。

甲子園球場最寄りの大型スーパー、半年ぶり営業再開

イオン甲子園店は1993年6月にダイエー系百貨店「プランタン甲子園」として開業。その後、ダイエー甲子園店を経て2016年3月にイオン甲子園店に転換した。建物は地下2階、地上6階建てで(売場は地下2階〜地上3階)、売場面積は29,000㎡。
プロ野球・阪神タイガースの本拠地「阪神甲子園球場」の最寄り店舗ということもあり、試合開催日には多くの観戦客で地下の食品売場が混雑することで知られていた。

イオン甲子園店。

しかし、近隣大型店との競争激化や、試合開催日以外での集客不足、施設の信託受益権を取得した三菱地所との賃料交渉の難航などにより、2017年6月1日からは食品売場のみの営業となり、2017年のプロ野球のシーズン終了を待つかたちで、2017年10月1日を以て残りの売場も閉店、全館閉鎖されていた。
詳しくはこちら:イオン甲子園店、2017年5月閉店-旧プランタン百貨店・ダイエー甲子園店、競合増加で経営不振に

タイガース協賛セールが行われる館内。

新施設は「コロワ」-核店舗はイオン

イオン甲子園店の建物は2017年2月に不動産大手の三菱地所が同施設の信託受益権を取得。現在、2018年のゴールデンウィークごろのリニューアルを目指して改装が進められている。
新施設の名前は「コロワ甲子園」。「ココロ、ワクワク」から名付けられたものだという。

館内エントランスイメージ(ニュースリリースより)。

新施設の核店舗として地下2階にイオンが再出店するほか、家電量販店、ファッション、生活雑貨、日用雑貨、レストラン・フードコートなど約60店舗が出店する見込みとなっている。

館内構成(ニュースリリースより)。

なお、阪神電鉄は12月19日に阪神甲子園駅南側広場の再開発計画を発表しており、甲子園球場周辺はますます賑わいを見せることになりそうだ。

コロワ甲子園

住所:兵庫県西宮市甲子園高潮町3-3
営業時間:未定

外部リンク:(仮称)甲子園商業施設リニューアル計画(旧イオン甲子園店)施設名称を「Corowa甲子園」に決定(三菱地所、PDF)
関連記事:イオン甲子園店、10月1日閉店-2018年5月から「イオングループの新施設」に? 
関連記事:三宮オーパ、2018年2月28日閉店-三宮ターミナルビル、解体へ 

関連記事:イオンモール神戸南、9月20日全館開業-地域密着の「食」特化型モール
関連記事:イオンスタイルumie、7月14日開店-ハーバーランドの新たな核店舗、食品売場は「関西最大級」
関連記事:神戸市、三宮再開発の概要発表-ダイエーなど跡地にツインタワー建設へ
関連記事:うめきた地下道、12月19日閉鎖-梅田のレトロ地下道、90年の歴史に幕 

【PR】アンケートに答えて商品券を当てよう!
【春の新生活応援キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加